皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

今日は「ゆきさくら」かあ

開催されてる間に、一度くらいは行ってみたいものだと、以前から思っていましたが
年々己の体力気力の減退に、諦めモード(-_-;)
ですが、参加されてる皆さんはどうか楽しんで!
今後もできるだけ長くこのイベントが続くよう祈ってます^^


などと本日は、
即売会に思いをはせ、手に入らない本に実は無念の涙を流している(^^;、最近の私の生活を―――

カット902


この番組、うちのちぃは特に好きみたいなんですよね。
内容わかるのかな~? 毎回、真ん前でガン見してるけどw
世界中で、自由な生活をしている仲間が羨ましいのかな( ̄∇ ̄;)


◆嬉しい拍手コメントへのお返事は続きからどうぞ♪【羽柴小夜様・11/25の無記名様・mura様】



羽柴小夜様


『春の月 冬の兎』あんなサイテー男の土方さんを読んで下さって、ありがとうございます( ̄∇ ̄;)
そうなんですよねー、土方さんがいい男なのは、幕末のあの時代に目的を持って苦労したからじゃないかと思うんです。
で、千鶴ちゃんはその出来上がった土方さんに惚れたんで、現代の苦労知らずの土方さんに出会ってたらどうだろうな~と。
そこから出来た話だったので、私の妄想の中ではホントはもっとひどい男のはずだったんですが、如何せん私の表現力がここまででwww まあ、後ちょっと―――土方さんにはもう少しサイテー男をつき進んでもらいますが―――できれば最後までよろしく~(^▽^)/



11/25の無記名様


なかなか鋭く突っ込まれた感想を『春の月 冬の兎』にありがとうございました^^
その分析に結構お話の中身がかすってる所もあって、ドキドキしました。
いえ、さすがにちび沖田さんは出てきませんがwwwこの後どう決着がつくか、最後まで読んでやって下さいね。
そして「恋しさ」も「いつか」も、ちまちま続きは描いてますので、もう少しお待ち下さいませ。
それにしても今回の其方様の感想から、「恋しさ」の今後の展開を見られたら、また突っ込まれたご意見を頂きそうwですが、
それも楽しみなので、頑張ります♪



mura様


史実では、はっきりとした土方さんの直系子孫と言える人はいないようだけど、歴史にも残る程モテたって事なら、
遺伝子を調べれば実はごろごろといたりするかもしれませんよねえwww
そんな人が現代の平和な世に生まれていたなら、命をかける目標もない日常に、やる事はひとつだけかと( ̄∇ ̄;)
で、そんな土方さんを、千鶴ちゃんは前世と同様に愛する事ができるのか―――と、そう考え出来たお話だったんですが、
元が単純な話だっただけに、意外と早く終わりにできそうですw
今年中にENDマークをつけられるか、お互い年内に描(書)けるだけ頑張りましょうね!


  1. 2016/11/27(日) 15:03:39|
  2. 近況漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年も後… | ホーム | 一気に真冬~(>_>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/980-f8d1b07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)