皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「大人の男の人」

桜護雪」の香西香住さんから、この季節にぴったりのSSを頂きました(^▽^)/


香住さん曰く、「目茶SSL」だそうですが、
この不知火さんはもう香住さん印の不知火さんですよねwww
こちらの不知火さんなら、千鶴ちゃんは誰をおいても彼を選びそうw

では、まだ青い春を迎えたばかりの千鶴ちゃんを続きからどうぞ^^



挿絵は感謝を込めて香住さんへ進呈します。
他の方はご遠慮下さいね。




大人の男の人


「291……」

それが私の運命の数字。
やる事はやった。
後は、あの思ったより小さな合格結果を見るのみ。
……なんだけど。

「み、見れない」

あれば、来月からまた皆さんと過ごせる日々が待っている。
……なかったら……考えたくない。

「291?憎いなぁ……語呂悪過ぎだろ。憎い……憎い……お、あったぜ。やったな」
「え……」

後ろから声を掛けられて掲示板を見ると、確かに、そこに私の番号があった。

「あ……あった!」
「良かったな」
「はい!……って、不知火さん!?」
「よお、久しぶりだな、雪村の姫さん」

振り返るとそこにいたのは、前世とほぼ変わらない不知火さんだった。

「お久しぶりです!こんな所にいらっしゃるなんて……もしかして、先生ですか!?」
「まさか。ま、不良は束ねてるがな」
「束ねないで下さい、そんなの」
「一応教師の原田が叱り飛ばすより、俺の方が刃向かわねぇんだよ。思春期は難しくていけねぇな」

つまり……。

「原田さんのお手伝いをしてあげてるんですね!?」
「……その言い方はやめてくれ。柄じゃねぇ」
「ごめんなさい」

そういえば、この人は昔からわかりにくい優しさを持っていた。今でもきっと変わらないんだ。

「……卒業祝いに案内してやるよ。ついでに付き合え」
「え?」

答える前に手を引かれた。

※※※

「斎藤さん!」
「あっ……!」
「貰った!」
「おー、平助!頑張れよ!」
「わぁ……!」

図書館や保健室、職員室、理科室、家庭科室、教室並びなど色々案内してくれた不知火さんが最後に連れて来てくれたのは、体育館だった。
山崎さん、斎藤さん、平助君、原田さんがバスケットをしていた。

カット631

「あれ?バスケット部なんですか?」
「いや、単なる遊びだろ。あいつ等は剣道部だ。ま、何をやらせても戦力になるだろうが……ん。ちゃんと笑ってるな」
「……え?」
「原田~!藤堂からボール取れたら今晩酒奢ってやる!」
「お。お前の摘み付きか?」
「いいぜ、出血サービスだ!」
「よし!平助!覚悟!」
「え、左之さん、ちょっと待っ……!」
「雪村の姫さん」
「は、はい!」
「これからの学生生活……三年間か五年か七年か分からねぇが、お互いに嘘を見抜け合える、嘘が付けない奴を一人で良いから作れよ」
「え……?」
「そいつは一生の友になる。社会に出ちまうと難しいからな。愛想笑いばっかり上手くなりやがる」
「あの……」
「社会人になるとな。心情がどうであれ、笑わなきゃいけねぇことが増える。ストレスも増える。それを受け止めてくれる相手がいるのはありがてぇもんだ」
「……原田さん、ですか?」
「……もう学生時代みてぇに殴り合いする訳に行かねぇから、酔わせて泣かしてやるくれぇしか出来ねぇけどな」

原田さんを見ると楽しそうに平助君と向かいあっている。

「……無理に笑っている様には見えませんが……」
「……ああ、ちゃんと笑えてるな。もう大丈夫だろ」
「それでも呑むんですか?」
「まだ姫さんにはわからねぇだろうけど、自棄酒の相手って結構大変だぜ?こっちまで酔っちまう訳に行かねぇし、介抱してやらねぇとだし。今日は楽しい酒が呑めそうだ」

……何だか。

「不知火さんって大人ですね」

思わず思った事を口に出すとおかしそうに笑われた。

「姫さんに子供だって言われたら、俺の方がへこむわ。ああ、そうそう、学生時代に恋も経験しておいた方が得なんだが、原田先生、失恋したばかりだ。傷心に入れ込むなら今だぜ?」
「し、不知火さん!」
「あ、それとも他三人の方がお好みか?他校の女子には人気あるらしいが、確か彼女はいなかったはずだぜ?」

にやにやとからかう様に告げられる……ううん、間違いなくからかわれてる。
からかわれているだけじゃ悔しい。

「し、不知火さんは……その……ど、どうなんですか?」

精一杯の上目使いで彼を見つめてみる。

「……さあ?……どうだと思う?」
「……!!」

彼は一瞬瞳を見開いた後、私のシュシュで纏めた髪を指先に巻いて、笑った。その表情と声がぞくりとする程色っぽくて。
私はまだ高校に受かったばかりの15歳。これから大人への階段を登っていくのだろう。
とりあえず、今、思う。
大人の男の人って狡いです。

カット811大人の男の人

end
  1. 2016/04/03(日) 19:51:56|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<こんな事がありました | ホーム | 後出し表紙>>

コメント

ありがとうございます!!!
ぬいぬいが大好物の私、「このまま不知火ルート」まっしぐらです💛
  1. 2016/04/09(土) 13:19:01 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

こちらこそありがとうございます!

コメントありがとうございます!どうぞ、匡さんルートへ!教師ではないので、多分、障害は軽いかと(笑)
  1. 2016/04/10(日) 00:01:26 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/881-c3b625a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)