皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「この思いは掬われずに消えて行く、泡」

Nさん改め希さんから、以前頂いた近千SS「僕の全てを君にあげよう」の続編を頂きました♪
ありがとうございます。


しかし、今回は挿絵に困りました(-_-;)
読んで下されば、私がどう困ったのかわかるはずwww
で、結局ああなってしまいましたが…希さん、許してくれます~?

これでよろしければ感謝を込めて進呈致します。
他の方はご遠慮下さいね。




明治二年五月十八日――蝦夷の地に築かれた小さな王国が消滅した。
 蝦夷共和国と名付けられたその国は、明治政府によって滅ぼされた旧徳川幕府の遺臣たちが、幕府復興を夢見て建国した『夢の箱庭』だった。
 遺臣たちは死に物狂いで抵抗するも、結局時代の流れの前には抗えず、明治政府の圧倒的な武力の差に屈し――本陣としていた五稜郭を無血開城する。

 これはその約数日前――
 時代の奔流の中に生き、人知れず消えて行った、掬われぬ心たちの呟き――


この想いは掬われずに消えていく、泡


桜……吹雪か……

こんな北の地で……桜が見られるとは思わなかったぜ

……此処は、春が来るのが遅いですから



……土方さん

……何だ?

満足、ですか?



……嗚呼……それなりに、な……

し足りねえ事も有るには有るが……ま、仕方ねえだろ

俺なりに足掻いて、もがいて……手前の理想ってヤツを追い続けた……百姓風情が、一国の高官にまでなれたんだ……ま、上出来なんじゃねえか……?



それより……手前は如何なんだよ? 満足、してるのか……?

……はい、とても

土方さんのお陰で、私は最後の願いを遂げる事が出来そうです。本当に、有難う御座います

……そうかよ……そりゃあ、良かった……



しかしお前……本当に良いのか……?

……え?

本当に……これで……お前は……

……うふふ。今更ですよ? 土方さん。何度も言ったじゃないですか





――あの方が居ない世界を生きるのは、私にとって死んでいるのと同じ事なのですから――





……はっ、ホントお前は……見掛けに依らず……情の強い女だよな……

そんなの、今更でしょう?

……言って……くれるぜ……

……まあ……良いさ……俺も……お前を手放せなかった時点で……同類だ……

……土方さん?

……何でもねえよ……

……お前の人生だ……好きにしやがれって言ったんだ……

……

俺はそろそろ『行く』が……良いな……?

……はい

『向こう』で会ったら……茶の一つでも淹れてくれや……『あの人』の……次で良いから……よ……

…………はい

……じゃあ、な……

……はい、行ってらっしゃいませ




 五稜郭を制圧した明治政府軍は、残党狩りの為に周辺を捜索していたのだが、五稜郭の裏手に赴いた兵士が、其処で奇妙な光景に遭遇する。
 裏手には蝦夷では季節の山桜が花を盛りに咲かせていたのだが、その桜の木の下に、緋色の陣羽織と黒羅紗の長衣が折り重なる様に、少し離れた場所には紫紺の長衣が打ち捨てられていたのである。

 陣羽織や長衣だけでは無い、中着や下穿き、まるでそれを纏っていたで有ろう『人間だけ』が姿を消したかの如きその様に、兵士たちは更に捜索を続けたが、遂にそれ以上何も発見する事が出来なかった。
 地面に突き立てられていた二振りの長太刀と一振りの小太刀が、其処で何らかの戦いが有った事が窺い知れたが、刃を交えたのが一体誰だったのか、戦いの結末は如何なったのか――


 その顛末は、咲き誇る山桜だけが知っている――

カット776この思いは掬われずに消えて行く、泡
  1. 2016/01/29(金) 18:48:39|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<あら、2月Σ(・ω・ノ)ノ! | ホーム | やっと一息>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/31(日) 09:34:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

希様♪

いえいえこちらこそ、受け取ってもらえてほっとしてます(^^;
また何か思いつかれて、こちらに載せてもいいと思いましたら、ご遠慮なくどうぞ^^
お待ちしています。
  1. 2016/02/01(月) 18:21:38 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/02/07(日) 05:42:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/856-fb4774e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)