皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「お薬と私。」

桜色喫茶」のみおさんから、またまたSSを頂きました^^

今回の夫婦喧嘩シリーズイラストとちょっと似たシチュですが、こちらのお相手は山崎さん。
若く見えるけど近藤さんより年上の彼とは、多分夫婦になったら喧嘩なんてなさそうですよね。
何があっても余裕で受け止めてくれそう。

そんな私の想像ともぴったりくる、みおさんの可愛い崎千は、続きからどうぞご堪能下さい^^


挿絵は感謝を込めてみおさんへ進呈します♪
他の方はご遠慮下さいね。



お薬と私。



私たちが夫婦になって数ヶ月が経ちますが、私の旦那さまはまだ私のことを屯所にいた時のように、子供みたいに思っているみたいです。
近所の若い奥さんたちと話していても、彼女たちと比べて私たち夫婦は夜にその…そういうことが少ないみたいですし。
べ、別に、その、そういうことがしたいとか、そういうわけではなくて…
やっぱり、私ではそういう気分にならないのかなってちょっぴり不安で…
なんだか私と話している時よりも、お薬を作っている時の方が楽しそうですし。
この前だって…


「近所にこの草が生えていてよかったよ。これで薬が作れる。」
日頃仲良くしている家の息子さんが風邪を引いてしまって、烝さんがお薬を作ることになったんです。
朝から薬になる草を探しに行って、戻ってきたらもうずっとこんな感じ。
いつもこうなんです。
薬を作りながら、私に「この薬は◯◯に効くとか、◯◯の予防になる」とか。

カット587

普段私と話している時よりも楽しそうな表情で。
屯所にいた時もそうなんです!


「手荒れがひどいな。この薬を使うといい。」
冬に洗濯をしていた私の手を見て、自分の部屋に私を連れて行って薬を塗ってくれた。

カット520

やましい意味なんてないのに、手を握られてどきりとする。
あなたに触れられた場所から熱を帯びて来て、手が熱くなってくる。
顔まで熱くなって来て、赤くなってしまうんじゃないかと心配していたのに。
「まったく。君は仮にも女の子なんだから、もう少し気を付けないと駄目じゃないか。」
仮にもってなんですか、仮にもって!
私はこんなにどきどきしていたのに。


やっぱり、私じゃあ子供っぽいのかな。
私が想いを告げた時、あなたも「好きだ」と言ってくれたのに。
本当に本当に嬉しかったのに。


「烝さんは、私とお薬と、どっちが大切なんですか??」
ある夜、我ながら変なことを聞いていると思いながらも、自分の不安をぶつけてしまう。
こんなこと突然言われたって、困らせてしまうのはわかってるのに。
「?
もちろん千鶴だが、急にどうしたんだ?」
「っ!」
そんな、さも当然かのように言われたら、私はなんの為にこんなにむかむかしてたんですか!
「千鶴?顔が赤いみたいだが、熱でもあるのか?」
烝さんが心配そうに私の顔を見つめながら、おでこに手を当てる。
「ち、違います!私は元気ですから!」
そんなことされたら余計に赤くなっちゃいます!

「千鶴、おいで。」
烝さんが自分の膝の上をぽんぽんと叩きます。
「えぇ??そ、そんなこと…」
私が渋っていると、突然手を引かれ彼の胸に自分の背を預けるような形で、膝の上に座ってしまった。
「俺は、誰よりも何よりも千鶴が大好きだよ。」
そう言いながら優しく頭を撫でてくれた。
子供を可愛がっているのとは違う、優しく私の不安を拭い去ってくれているみたいな。
「私も、烝さんが大好きです。」
さっきまでの不安が嘘みたいに、とても幸せな気分です。


  1. 2015/12/11(金) 22:04:20|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<こういうのもありかなw | ホーム | 3日どころか4日目(-_-;)>>

コメント

千鶴ちゃん可愛い。

こんばんは、みお様、小萩です。
山崎さんとのED、こんな幸福な未来が
あれば良いな、と思いました。

千鶴ちゃん、お薬にヤキモチなんて
すごく可愛い。ぎゅーって抱き締め
ちゃいたいくらいです。山崎さんも
千鶴ちゃんも医家の生まれですから、
共通の話題も多いと思います。
山崎さんは大人な分、本当に優しくて
素敵な旦那様になりそうですよね。

薄桜鬼って、幸福なEDでも、最終的には
悲恋EDだと思うんですね。左之さんと
ちー様だけ別にして。初めてプレイした
時は、やっぱりショックでした。皆、
千鶴ちゃんを置いて逝ってしまうので。
独りきりになる千鶴ちゃんの事考えた
だけで、胸が痛くて苦しくて泣いていました。
随想録、黎明録とプレイしていくうちに
落ち着いた見方が出来るようになりましたが、
今でも時々泣いてます。

二次創作で救われたことも多いので、
ラブラブED大歓迎です。「おいで、
千鶴」だなんて、山崎さんカッコ良い。
素敵なお話をありがとうございました。

  1. 2016/02/06(土) 20:20:55 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

小萩様♪

こんばんは、小萩様。
漫画やドラマでよくありますよね。
「○○と私、どっちが大事なの⁉︎」ってやつ。
あれを見てると「うわぁ、めんどくせえ」って思うのが私です。
可愛げなんて全くないですね(笑)

史実沿いの作品はどうしても悲恋EDになっちゃいますよね。
あれは悲しいです。
千鶴ちゃん好きとしては全員に「ちょっとは千鶴ちゃんのこと考えろ!」って文句言ってやりたくなるくらい(笑)
ハッピーエンドは二次創作の特権ですよね。
私もほのぼのハッピーを目指してやっていきたいと思います(^ ^)
  1. 2016/02/07(日) 01:26:53 |
  2. URL |
  3. みお #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/837-a0fc45dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)