皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

薄桜鬼現パロ漫画「いつか出会ったら」1

( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
とうとう、また新しい連載を始めてしまいましたーごめんなさーい

私にしては珍しくストレートに『沖千』を謳っていますw
が、千鶴ちゃん大学生で、沖田さんは社会人―――この設定が苦手な方はUターンして下さいね(^^;


今回は沖田GOODEND後の転生話。
ここ数ヶ月の仕事のストレスで甘い話を描きたくなって描き始めたお話なので、当社比としては沖田さんが甘々ですww
そして多分そんなに長い話にはならないはず(言い切れないのが辛い所ですが;)。
どうぞできればこちらのお話にも、今後付き合ってやって下さいね♪


ではでは、ちょっと大人仕様の沖千、続きから楽しんでやって下さい。
そして続きが読みたい気がおきましたら、ポチでも一言でも下さると俄然描くスピードが上がりますので是非ともよろしく~^^



いつか出会ったら 1



いつか出会ったら1



いつか出会ったら2



いつか出会ったら3



いつか出会ったら4



いつか出会ったら5



いつか出会ったら6



いつか出会ったら7



いつか出会ったら8



いつか出会ったら9



いつか出会ったら10



いつか出会ったら11



いつか出会ったら12



いつか出会ったら13



いつか出会ったら14



いつか出会ったら15



いつか出会ったら16



いつか出会ったら17



いつか出会ったら18



いつか出会ったら19



いつか出会ったら20



いつか出会ったら21



いつか出会ったら22



いつか出会ったら23
「いつか出会ったら」2に続く
  1. 2015/10/05(月) 11:36:43|
  2. 「いつか出会ったら」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<またまた表紙後出し(^^; | ホーム | 「僕の想いは月に照らされて」>>

コメント

待ってましたァァァァァ!!!

ちょこさぁぁぁぁんヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 この気持をどうやって伝えていいかわからなくて、悶々してたら昨日感想書きそびれましたw
本当に珍しく超ドストレートな沖千・・・と見せかけて、最後の最後で不知火さんが出てきたのにちょっとびっくりしました。
なんか沖田さんと千鶴ちゃんとの接点が薄い人だと思うので・・・(思わず不知火さん大好きなあの人の影響かナァなんて思っちゃいましたwいつぞやお見かけした短髪不知火さんだったし♪('-'*)なんでも相談できる近所の鬼さん・・・もといお兄さんなのかなぁなんて、想像してます。面倒見良さそうですよね、彼。
(と、不知火さんへの高感度がアップしてるのも不知火さん大好きのあの人の影響だなぁ(*´∇`))

と、まあ不知火さんの話は置いておいてw
沖田さんと千鶴ちゃんですよ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡バシバシッ
ああああ、更新されてるのに気づいて、仕事中だったのに我慢できずにこっそり人目をしのんで読んだ後にニヤニヤが止まらなくてですね・・・ええ、本当に困りましたよ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡バシバシッ
大学生ってことで、千鶴ちゃんがいつもより少し大人っぽいですね♪お仕事の服装もシックでステキです///
来世でまためぐり合う・・・っていう設定はロマンチックでステキだし好きだなって思ってましたけど、千鶴ちゃんの場合、彼らの存在が大きすぎて前世の記憶があるのもある意味枷になってしまい、それは必ずしも幸せな事ではないのだなと知らされました。めぐり合えたからいいけど、あえなかったら本当に「過去のあの人たち以上の男性なんているわけがない」ってなっちゃいますね。
この千鶴ちゃんは、何度もがっかりしたんだろうなあって・・・なんで私だけ、過去の記憶を持ったまま生まれたんだろうって思ったんだろうなあって思いました。
沖田さんと出会えたことで、記憶が逢った事に意味が出来たけれど、そこまでの人生では記憶があることで逆に悲しい思いもしてきたでしょうから・・・と思うと、千鶴ちゃんがいつもより大人びて見えるのも、単に大学生だからってだけじゃないように思えました。

で!沖田さんですよ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡トレンチコートな沖田さんがすごく新鮮で、ドキドキが止まらない・・・社会人沖田さんにこんなにときめく日がこようとはw
幕末の仕事が仕事なだけにwスーツ来てリーマンやってる沖田さんってなんか想像しづらいんですよね~・・・
(私としては幕末の頃から沖田さんが仕事に対して不真面目とか思ってないんですけど、堅苦しい仕事とかは向いてないイメージしかなくて・・・なのでスーツ着てる仕事があんまり想像できないんですよ・・・)
まあ、その話は置いておいて。
目と目で通じ合ってますよね、通じ合ってるのに、なんでそこで遠慮しちゃうの千鶴ちゃん~。。゛(ノ><)ノ
もう、そのまま「総司さん、ずっと、・・・ずっと逢いたかったです・・・」って抱きついて「僕もだよ、千鶴(ギュッ)」っでハッピーエンドでもいいですっっ、それならそれで←勝手に終わらせちゃいましたw
なんて、いきなりすぎましたもんね、現れたのが・・・しかも、見た目がそっくりでも、普通自分と同じように過去の記憶があるかどうかもわからないし・・・。
うーん、でももう少し積極的になってもいいのに!って思っちゃいました。
でも、ちょこさんの所の千鶴ちゃんは本当に淑やかだから・・・なんか「らしいなあ('-'*)」とも思いましたけどw

千鶴ちゃんが仕事終わって帰る所で沖田さんが座って待ってるシーンで「あ”あ”あ”あ”(´///` )」と声にならない叫びをあげてましたよっ。
沖田さんがかっこよすぎたのと、千鶴ちゃんを待っててくれた胸きゅんと、これから「あの日あの時あの場所で~♪」な話がはじまるんだと思ったら、胸の高鳴りがはんぱなくて心拍数が急上昇しました、きゅんきゅん。思わずスマホ落としそうになりましたwww
千鶴ちゃんの「いないで どうかお願いだから」っていうのが、とにかく逆説的過ぎて、そこに期待どおりに沖田さんがいてくれたもんだから、そりゃあ高まるってもんですわあああ(´///` )、すいません、興奮しすぎて日本語が変ですw(それはある意味いつもです?!)

なんだろ、お互いに「たぶん記憶ある・・・」ってわかってるのに、このもだもだしてる感じ。自分の時代の少女マンガみたいで(すぐに思いが通じ合わないモダモダを楽しむ世代ですw)、ああこの感じ好きです(๑•̀ㅂ•́)و✧///
沖田さんが「雪村さん」とか「沖田総司です」とか、若干相手の出方を伺いながら敬語なのとかもう、ツボ過ぎて!!やっぱりちょこさんはわかってらっしゃる!!!時々敬語な沖田さんが大好物ですっっ!!!

記憶がない振りして距離を取ろうとした千鶴ちゃんを逃さなかった沖田さんの手腕は流石でしたね、惚れ直しました(*ノノ)←
「付き合うしかないんじゃない?」って、でも「NOの選択肢はないよ」って言う所が痺れます(*ノノ)ああ、もう記憶があってもなくても付き合ちゃえばいいよ♪←

下の名前まで知ってるはずがない沖田さんが「千鶴ちゃん」って読んでるのが、次への伏線ってことでいいんですよね♪ฅ(^ω^ฅ)
記憶の中の旦那沖田さんがすごく優しそうで・・・こんな人に愛されて、しかもその記憶が残ってたら・・・それは過去では幸せだったろうけど、やっぱり現世では幸せとは言い切れないことだったろうなぁと・・・でも、これからその記憶がまた違う意味を持つはずだから・・・と期待しています(*'∀'人)♥*+

なんだかすごいまとまりのない感想になってしまいました・・・あ、いつもでした(*´∇`*)←
「すごくよかったんで、早く続きぃぃぃぃo(>ロ<o) (o>ロ<)o」っていう気持を熱量で伝えようとしたらこんな事にwww
コメント欄荒らしてすみません~でも、支部の方でもブクマ数とか評価とか(この間の風千もすごいよかったのに、それを超える勢いで)とても好評なので、私も勝手に嬉しくなって(*´∇`*)私も負けずにこの感動を伝えねばと力んだからこんな事にw
ステキな作品が正当に評価されるのはとても嬉しいです。

いろいろと描きたいものが平行されてて大変だとは思いますが、続きも大いに期待させてくださいね(*´∇`*)
なんだろう、ちょこさんのキャラクターの認識が二次創作によくある異質に歪んだものじゃないので、確実に満足できるものが来るだろうっていう安心感があるんですよね・・・現パロは特に(正直、新選組の)彼らである必要性がなくなってる作品も多くて得意じゃないんですけど、キャラクターがぶれてないから受け入れられるし、この作品はとても好きなものになりそうな予感がしています(とりあえず、前半(?)はとても好きで、昨日から何回読み返してるか分かりません)

あー、また楽しみがふえました♪
それにしても、次回への引きが「まさかの不知火さん」っていうところがすごく気になります~(*>_<*)ノ
沖田さんと千鶴ちゃんの愛のキューピッドになってくれるのかしら・・・どきどき。
ではでは、今回はこれくらいでやめておきますね♪私に沖田さんと千鶴ちゃんを語らせると長いですから、本当はひとコマずつ言いたいくらいですから、ふふふふふふ\(・o・)/(十分長いよ)

(そして、SSLのドラマの感想送りますねっていってたことを思い出しました(・・;)いや、忘れてないんですけど、言葉を選ぶじゃないですか、あれはwまだ2話目を見てないんですよね、1話目に比べて沖田さんと斎藤さんの出番が多そうで、それが何より怖いですwwwまあ、それはまた別に機会に('-'*))



  1. 2015/10/07(水) 02:11:05 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

あっ・・・。

・・・気づいてしまいました・・・この作品、そこそこ続くんですね。
(前・後編くらいかと思ってました)
シリーズのところが「1・2・・・」になってるのを発見してしまいました、ふふふ私の目はごまかせませんよ(・-・*)←
やばーい、滾ってきました。私も何か書きたぁぁぁいo(>ロ<o) (o>ロ<)o!!!
もう、今年なんだかんだで何も書いてないですからねwもう今年も3ヶ月きってることにあせりを感じる・・・(・・;)
もっと沖田さんと千鶴ちゃんを幸せにしてあげないと!!私も燃えてきました、めらめらっ。
作品の質はともかく(苦笑)気持ちだけは負けないように・・・私も何か書きます٩( 'ω' )و ガンバルぞい
あ、連投すみませんwww
  1. 2015/10/07(水) 02:27:19 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

ゆゆき様♪

うわ、過分なお褒めに、嬉しい感想♪ありがとうございます~(≧∀≦)
噛みしめて読ませて頂きましたー♪
現パロはあまりお好きではないと聞いていたので、どうかな~と思っていたのですが、ほっとしました。
この後は、この転生にはちゃんと意味がある、という設定なので、そこら辺り早く説明してしまって、ピュア押しの沖田さんを思う存分描きたいんですよー 最後までお話はできているのに、手が早く動かないのがホント悔しい(^^;
しかし、最後まで話はできているとはいえ、私の事ですから短い話のつもりでもまたどこでどう間違えて長くなるやら…
それにぬいさんの登場で、他からはまた三角関係勃発か、とか、どろどろ展開?とか言われましたが、大丈夫w今回はきっぱり大声で『沖千』でHAPPYENDと言えますww
なので、どうぞ安心してちょっと長くなっても最後まで読んでやって下さいね^^
そして次はできるだけ早くUPできるよう頑張ります!

あ、ドラマの感想是非!結局見そこねちゃったんで、どんなだったかゆゆきさんの報告聞かせて下さい(* ̄∇ ̄*)

  1. 2015/10/07(水) 17:33:49 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

楽しみな連載が増えました!

私、現パロって好きかもしれないなあ。
「恋しさの向こう」も更新を首をなが~くして待ってるし。
でも、もちろん他の作品も「更新まだ!?」と気になるし、
ちょこ様、このままだと私欲求不満で爆発しちゃいますヨ(笑)

なんで千鶴ちゃんが躊躇っているのか気になります。
総司!ガンガン押しちゃえ!
ぬいぬいがどういうポジションなのかも気になりますね!
みなさん同様、私も「えっ!沖千にぬいぬい!?」とびっくりした一人です。
でも、ぬいぬい好きだから嬉しい…えへへ♡

ポチっとしてますので、更新をよろしくお願いします!
  1. 2015/10/11(日) 12:36:34 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/10/11(日) 17:32:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

上記の無記名様♪

「恋しさの向こう」も待って下さっているとのこと―――ありがとうございます!
なのに、またまた連載を増やしてしまってごめんなさい(^^;
お話はできているんですよね~ ぱーっと一気に描けるだけの力量があったらいいのに…と最近つくづく思っていますw
今回のお話、突然思いついて勢いで描いてしまいましたが、その分、他のお話より短いと思いますので、できるだけ早く仕上げたいとは思ってます。
もうちょっとだけお待ちくださいね^^
そしてまたどうぞ何か一言言ってやって下さい。それを糧に頑張ります!
  1. 2015/10/12(月) 14:06:42 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/808-47f64318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)