皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「彼女は向日葵にはならなかった」

桜護雪」の香西香住さんから
読書する永倉先生イラストへSSを頂きましたー(^▽^)/

以前頂いた新千SS「君への想いを桔梗に託して」の続編となります♪

しっしかし! 今回はとんでもない課題付きのSSでして(-_-;)
悩みましたよ~短髪の不知火さん!
香住さんからのリクエストとはいえ、こういう試みは初めてで…
私のほぼオリジナル風ぬいさんを、見たくないという方はここから先には行かないで下さいね(-"-;A
気になさらない方は続きからどうぞ~


その挿絵は感謝を込めて香住さんへ進呈します。
他の方はご遠慮下さいませ(^^;




彼女は向日葵にはならなかった



「よお、良い式だったぜ」
「原田先生!」

式を挙げたばかりの教え子、現同僚に話し掛ける。

「今日は来て下さってありがとうございます」

式とは違うドレスを身に纏った千鶴は綺麗におじきをしてくる。

「親友と教え子の式だ。何を置いても参加するさ」

……が。

花婿に目を向けると、酔っ払っていた。

「……お前、本当にあれでいいの?」

そう問い掛けると千鶴は肩を竦めて笑った。

「あの人じゃないと駄目なんです」
「変わった好みだな」

幸せそうに新八を見る千鶴に、まだ制服を着ていた頃の彼女が重なる。

※※※

「あ、原田先生」

教室に置いて来た出席簿を取りに行こうとした瞬間、千鶴が出席簿を持って駆けて来た。

「千鶴」
「忘れ物です!」
「サンキュー、今取りに行こうとしてたんだよ」
「すれ違わなくて良かったです!あ!」

話していた千鶴の笑顔が急に輝く。

「ん?どうした?」
「永倉先生がご本を読んでいらっしゃる!」
「そう言われると、一気に絵本に見えて来んな」


カット657

実際読んでる本はこ難しそうだが。
寧ろ、絵本の方があいつには似合ってるよな。
そもそも、ラジオ聞きながら理解出来る内容なのか?

「やっぱり、格好良い!」
「……まあ、元は悪くねぇから、ああしてるとそれなりに見えんな」

中身が問題だが。

「……原田先生。永倉先生って、恋人さんいらっしゃいませんよね?」
「あれに居る様に見えるか?」

常に借金だらけの男なんざ、俺が女でも絶対に選ばねぇ。

「……やっぱり、私、諦められません!」
「は!?」
「永倉先生を必ず物」

純粋無垢な外見にそぐわない言葉を発っそうとした千鶴の口を寸前の所で手で押さえ、抱える様にして外に出た。

※※※

「おま、職員室で何を叫ぼうとしてんだよ!」
「ご、ごめんなさい!思わず!」

真っ赤になる千鶴はやはり純粋無垢だ。

「お前、新八が好きなのか?」

勿体無ぇ。

「はい!……振られちゃいましたけど」

えへへと落ちる毛先を耳に掛けて苦笑する姿は最高に可愛いが……。

「告白してたのか!?」
「はい!」

これを振るとか、勿体ねぇが……まあ、生徒だしな。

「でも、私、諦めません!」
「……そうか」
「振られた原因が生徒だから、じゃ、諦められません!」

それだけじゃねぇと思うがな。

「生徒じゃなくなってから逃げ場を奪って追い詰めろって、不知火先輩も言ってくださいましたし!」

何を教えてやがる!不知火!

「お前、そんなに不知火と仲良かったか?」
「風間さんがあまりにしつこいと逃がしてくれます。良い人ですよね!」
「まあな」

誤解されやすいが、あれで、情に厚くて、優しい。寧ろ、新八より不知火に惚れたんならまだ頷ける。

「とにかく、私、絶対に永倉先生を落として見せますから、見ていてくださいね、原田先生!」
「ああ、高みの見物させてもらうわ」

あれだな、恋する乙女は強いってやつだな。

※※※

「まさか、ゴールインまでするとはね」
「新八さんの手綱を握れるのは、私くらいです!新八さんは私が必ず幸せにしてみせます!」
「逞しいねぇ」
「あ、不知火さん!」

意気込む千鶴を褒めていると、千鶴が不知火を見付け、駆けて行くので何となく付いて行く。

「よ。おめでとさん。すげぇ綺麗だったぜ 」
「ありがとうございます!ここまで来れたのは不知火さんのおかげです!高校の時も、結婚も口添えして頂き……」
「俺はアドバイスしただけだぜ?まさか実行するとも思わなかったしな。ちょっと見物したかったわ」

千鶴に深々と頭を下げられ、不知火は楽しげに笑う。

「お前、何をアドバイスしたんだ?」
「好きなら最後まで諦めんなって事と、最近では結婚を認めねぇらしい、南雲の落とし方をアドバイスした」
「そういやぁ、良く認めたな」

不服そうな面をしてやがったが。
まあ、俺が兄貴でも新八が相手じゃ最後の最後まで反対するが。
どんなに良い奴でも、競馬趣味があって女心に疎けりゃあ、結婚となりゃ手放しでは賛成出来ねぇ。苦労するのが目に見えてる。

「永倉の好きな所を挙げるだけ挙げて、『こんな素敵な人との結婚を認めてくれない見る目のない兄さんなんて要らないんで、兄妹の縁を切らせてください』って言えって言ったんだが……マジで言ったのか?」

なんつぅアドバイスだ!

「それが……66個目で薫が渋々認めてくれたので……ちょっと言ってみたかったのに残念です」
「んなに聞かせたのか!?」
「あいつ相手に良くそんなに思い付いたな!?」

確かに、そんなに他の男の好きな箇所を挙げられたら一層のこと認めちまった方が楽だろう。最早、只の惚気だ。

「新八さんの良い所についてなら、軽く二時間は語れます!」
「そりゃすげぇ。で、その、山程良い所がある旦那が遂に潰れてるが、放っておいて良いのか?奥さん」

不知火の指摘に新八に目を向けると、確かに潰れていた。

晴れの日にまでこれかよ……。まぁ、千鶴と付き合い始めてから、禁酒してたからな……。

「大変!失礼します!」
「……向日葵にならなくて良かったよ」

俺達に頭を下げて駆けて行く千鶴に不知火が呟く。

「向日葵?」
「見詰めているだけじゃ前に進めないからな」

まあ、それは確かに。

「あいつには、ただ太陽を永遠に見詰めるだけの向日葵にはなって欲しくなかったんだよ」

そう笑って背を向ける不知火には何時ものトレードマークがなかった。

「おま、髪!!」

カット660彼女は向日葵にはならなかった

あんだけ長かった髪が平助と同じ位の長さまで切られていた。

「これで俺も前に進めるわ」

優しさと切なさと清々しさが混じった見た事のない微笑みに、不知火の想いを察する。

「……俺が千鶴ならお前を選んだよ」
「ま、一般論だな」

慰め代わりに肩を抱くと不知火は笑った。

「だけど、あいつが見詰め続けた太陽は俺じゃなかったからな。……あいつが幸せそうに笑うなら、それでいいわ」

慈しむ様に、倒れた新八を介抱する千鶴を見詰める不知火を見ながら、つくづく勿体無ぇと思った。

end
  1. 2015/05/30(土) 16:57:01|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<優先順位 | ホーム | 暑い…_| ̄|○>>

コメント

俺得!

ぎゃーーーーっ!♡
短髪のぬいぬい!
有難うございます!!カッコイイ!!
私だったら絶対ぬいぬいを選ぶのになあ…
  1. 2015/05/31(日) 00:46:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます♪

コメントありがとうございますm(_ _)m短髪匡さん素敵ですよねvV流石、ちょこ様。私でも匡さん…かな。私の美化匡さんに限り(自覚はあり)、新八さんと比べた場合、尽くされたいか、尽くしたいかの違いかと思います(笑)新八さん程尽くしがいがある人はいないと思いますよ。
  1. 2015/05/31(日) 06:48:08 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

カッコ良すぎて鼻血出ました。

小萩です。大変ご無沙汰しております。
ぎゃ〜っ!!短髪の不知火さん、超絶カッコ良い!!
鼻血!!ティッシュティッシュ!!

眼鏡かけながら難しい数学の本読んでる新八っつあん
もなかなかカッコ良いんですが、競馬中継片手にどう
やったら本読めるんだろう・・・?

千鶴ちゃん、根性と努力で新八っつあん
落としちゃったんですね。すごい!!
なんという情熱!!!本当に本当に好きなんだなあ。
私なら不知火さんに行ってしまうけれど、新千も好き
なので、是非是非幸福になってほしいです。
千鶴ちゃんなら絶対、新八っつあんを幸福に出来ますよ。
「好きな人の好きな所を2時間も語れる」千鶴ちゃんなら。
これって逆プロポーズですよね。千鶴ちゃん、女らしく
ても男らしくてカッコ良い!!

  1. 2015/05/31(日) 11:22:04 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

香住→小萩様

こんにちは(*´▽`*)お元気そうで良かったです。素敵ですよね、短髪匡さん。いえ、プロポーズはちゃんと新八さんからです。薫君に66個程新八さんの良い所を訴えただけでwでも、千鶴ちゃんは責任持って新八さんを支えます。
  1. 2015/05/31(日) 14:14:43 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

そうですよね。プロポーズは。

こんばんは、香住様、小萩です。
いやあ、急に病魔に取り憑かれて
しばらくネット出来なかったのですよ。
色々と素敵なご連絡いただいていたのに、
お返事出来なくて申し訳ありませんでした。

短髪の不知火さんには鼻血興奮(あわわわ)
でした。だってちょこ様、ものすごく超絶
男前に描かれていらっしゃるんですもの。
驚愕絶叫。むっちゃカッコ良い!!

あ、そうですよね。千鶴ちゃんへのプロポーズ、
ちゃんとしたでしょうね。新八っつあん、
色々と自分にけじめつけて、本物の指輪
買って。いいなあ、どんな言葉で求婚したのか、
ちょっと聞いてみたいです。

好きな人のこと、66個も言えたらすごい
ですよ。私なら20個くらいで止まる・・・
愛が足りない?(笑)あれだけベタ惚れ
の千鶴ちゃんなら、きっと新八っつあんを
幸福にするでしょうし、新八っつあんも
良い旦那さんになってくれると思います。
二人の前途に祝福を!!
  1. 2015/05/31(日) 18:12:51 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

香住→小萩様

だ、大丈夫ですか?気温差激しいのでお気をつけて。他のゲームなら異国の王子様ですよね。ちーちゃんの場合、66個で『認めるからもうやめて!』と止められたと思うので、少なくも100は行けたでしょうね。指輪は……どうかな?w天使の卵辺りで良いと思います。結婚式もありますしw
  1. 2015/05/31(日) 18:59:16 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/759-fc629313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)