皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「ちゃんと言えてない言葉」

花柳風月」の香澄さんから、SSを頂きました♪

今回のお話は、以前頂いた山千SS「小さな光」の続編。
山南さんはどの√でも必ず変若水を飲むけれど、もし飲まなかったらどんなお話ができたんでしょうね。

そんな、山南さんが千鶴の説得で変若水を飲まずにすませたら―――のひとつの可能性のお話。
続きからどうぞ^^



挿絵は感謝を込めて香澄さんへ進呈します。
他の方はご遠慮下さいね。




ちゃんと言えてない言葉



あの夜から山南さんを避けてる。

あの口付けが忘れられなくて顔を合わせづらくなってる。

山「雪村君。今いいですか?」

千鶴「すみません。これから」

山「今度は逃がしませんよ。貴方が私を避ける理由を言ってくれるまでは」

カット447

襖は閉められて逃げることが出来ない。

山「この間私が貴方に口づけをしたからですか?」

何も言わない私を見て察したようだ。

山「無理やりしてしまってすみませんでした」

千鶴「違うんです。嫌だったわけじゃなくて、その恥ずかしくなって」

山「なるほど。それで顔をあわせづらくなったということですね。てっきり私は貴方に嫌われたかと思ってましたよ」

千鶴「そんなことありません!」

フッと微笑んで抱きしめてくれた。

山「千鶴さん、私はまだ貴方に大切なことを伝えていませんでした。貴方が好きです。私の大切な人になっていただけますか?」

千鶴「はい」

重なった口づけが夢じゃないことを教えてくれた。

山「改めましてこれからもよろしくお願いしますね。千鶴さん」

千鶴「こちらこそよろしくお願いします」

敬助さんの瞳は今まで見たことないほど穏やかで優しかった。


~数年後~

山南さんの説得で私達が屯所を出てどのくらいの月日が流れただろう?

その日のことを昨日のことのように思い出す。

山「千鶴。身重の体で外を出るのはあまり感心しませんね」

柔らかい声の持ち主の腕の中には私達の愛するさくらが眠っている。

千鶴「すみません。さくらは遊び疲れたみたいですね」

山「えぇ。何か楽しいことでもありましたか?」

千鶴「幸せすぎて」

山「私も毎日幸せですよ。さて、そろそろ戻りましょう」

千鶴「はい」

彼に寄り添って歩いた

カット501ちゃんと言えてない言葉

~End~

  1. 2014/09/01(月) 13:11:03|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<あらら、9月Σ(・ω・ノ)ノ! | ホーム | 「忍び音の夜」>>

コメント

香住→香澄様へ

はじめまして。初めてコメントさせて頂きます。香西香住と申します。名前に勝手に親近感を覚え、いつも読ませて頂いています。山南さんとのハッピーエンド!素敵ですvV これからも素敵な作品を読ませてくださいね(^^)
  1. 2014/09/01(月) 15:57:03 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

香西香住様へ

はじめまして。いつも読んでくださっているとか、ありがとうございます。香住さんさえよかったらぜひ仲良くさせてください。山南さんのお話気に入ってくださってありがとうございました。これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。また当サイトへ遊びに来てくださいね。
  1. 2014/09/08(月) 11:06:33 |
  2. URL |
  3. 香澄 #-
  4. [ 編集 ]

山南さんが幸福になる道を。

こんばんは。初めまして、香澄様、小萩と申します。
山南さんが若変水を飲まずに、千鶴ちゃんと穏やかに
幸福に暮らせていたら、どんなに良いか。
山南さんは新選組隊士であることを誇りに思って
いましたし、それが全てだったのだと思います。
でも、隊を出て、左腕を治して、千鶴ちゃんと
幸福に生きる道を選んでくれていたなら・・・。

ゲームにもアニメにも無い夢を見させて下さって
ありがとうございました。山南さんと千鶴ちゃんが
家族で末永く幸福に生きていってくれることを
心から願います。素敵なお話をありがとうございました。
  1. 2014/09/21(日) 20:06:32 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

小萩様へ

こんばんは。

お返事が遅くなってしまい申し訳ございませんでした

私も小萩様と同じように山南さんに幸せになってほしいという思いで書きました

もしよろしかったらお部屋の方にも遊びに来てください。

読んでくれてありがとうございました。
  1. 2014/10/14(火) 21:35:23 |
  2. URL |
  3. 香澄 #n3C3tgxw
  4. [ 編集 ]

こちらもありがとうございます。

こんばんは、香澄様、小萩です。
こちらにもお返事ありがとうございます。
色々と違う道があったんじゃないかな、と
思う中で、山南さんの幸福もずっと心に
ありました。もしかしたらこんな風に、
と思って、読後感すごく幸福でした。
HPの方へも是非お邪魔させていただきます
ので、どうかよろしくお願いいたします。
  1. 2014/10/14(火) 22:07:30 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/631-4aa329b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)