皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

残暑お見舞い申し上げます

真夏に、トレース台を抱えて描くのは1時間がいい所(-_-;)
たとえエアコンをつけていても、流れる汗に気付かず、原稿を汚してしまうこともあるので、ひやひや;

で、結局、自分の趣味のお絵描き原稿と仕事原稿を交互にやってる訳です( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


そんな訳で←
残暑見舞い的イラストをペタリ♪

カット495

エンド後の夫婦にしようかと思ったんだけど、やっぱり沖田さんのお団子頭が好きだからなあwww



◆嬉しい拍手コメントへのお返事は続きから、どうぞ♪
【兄様・香西香住様】




兄様


いらっしゃいませ♪
いつも見て下さってるとの事、ありがとうございます^^
好きなCPって誰なんでしょう。今後も思いつく限りのシチュエーションで描いていきますので、楽しんで下さいね。
そしてどうぞまた気軽にお声掛けて下さい^^
またのお越しお待ちしてます。



香西香住様


お盆の時期でお忙しいのでしょうか。懐メロを聞きながら、お仕事頑張って下さいね^^
けどなにげに、昔の曲って、歌詞に物語を感じさせるものって多くないですか?
私は昔よく、歌の歌詞まんまの漫画を描いたものですよw
「ラブストーリーは突然に」で沖千―――なかなか面白いかも。是非仕上げて下さいな♪
腐女子はやっとここまで来ました~女装平ちゃん、どうなりますか(^^;
のんびり待ってやって下さいね。


  1. 2014/08/16(土) 11:24:41|
  2. 「薄桜鬼」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「涼風笑う」 | ホーム | 「約束」>>

コメント

ε=(ノ^∇^)ノ 飛んで火に入る夏のゆゆき。

また「ゆゆきホイホイ」に引っかかりにきました(*ノノ)←いや、別に私を引っ掛けるためのものじゃないってわかってるんですけどwかからずにはいられないwww
あーん、この体格差やばいです~///沖田さんに抱きしめられるとますますちっちゃい千鶴ちゃんに萌えずにいられません///
沖田さんの腕の中にすぽっとはまってる千鶴ちゃんがかわゆーてかわゆーて♪
描き手さんによってはかなり誇張してる方もいますが、沖千に限って言うと体格差あるほど萌えちゃいます///あー、なんて私得。
なんでだろう・・・沖田さんの包み込み具合がですね『もう君を離してあげられない』って感じがするからかなぁ~・・・同じ大柄キャラで、同じことしてても左之さんには私はまったく萌えないんですが( ̄∇ ̄;)ハハ

ED後じゃないなら、何がどうしてこんなに親密になったんでしょうねー(^ω^*))((*^ω^)親密度MAXじゃないですか、キャッキャ♪
この構図って・・・すごく絵にはなりますけど、しかしお話考えるとすると・・・アレ?ってなりますw
沖田さんが座っている足の間に、千鶴ちゃんがはまりにいったの?それとも、千鶴ちゃんがしゃがんで花火やってるところに後ろから沖田さん腰掛けたのw?
って。
どう料理したらいいんでしょう・・・Σ(・ω・ノ)ノ!←それは自分で考えましょう。
でもED後って私的にはやっぱり二人は色々辛い事があった後なので、どうしても切なくなっちゃうので・・・。゜゜(´□`。)°゜。
屯所時代なので、もうキャッキャウフフな沖千が妄想できそうです///でも、沖田さんの頭のアレって『髷』じゃなくて『お団子』なんですねwww
やばい、つぼりました(*ノノ)キャー、かわゆすかわゆす!!!

PS
『暑中見舞い~』の方に書いた小話・・・ではお言葉に甘えていいのなら、「いたずら」から「捧げモノ」に昇格させてもらおうかなぁ・・・…o(;-_-;)oドキッ
コメント欄は、今だから更新がわかって読めるけど、後からここにいらっしゃった方はなかなか気づけないですものね・・・。
でも、それを言うと花音痴(仮名)さんとみおさんのいたずらももったいないなぁ~なんて私も思っちゃいます。

千鶴ちゃんの風鈴を壊した土方さんは、千鶴ちゃんに泣きながら責められればいいと思いますw

千「せっかく沖田さんが作ってくださったのに、ひどいです!土方さんなんて嫌いですーえーん!!」
沖「あ~ぁ、土方さんが千鶴ちゃんを泣かしてる。こんな子に大人気ないって思わないんですか?」
土「総司っ!てめぇにだけは言われたくねぇよ、大体お前が勝手に俺の・・・」
沖「書いてるだけで誰にも見せないんじゃあ意味ないじゃないですか。せっかく僕が有効利用してあげたのに、あ~ぁ。」
千「沖田さん・・・直せますか・・・ぐすっ?」
沖「うーん、どうだろうね。ただの紙をつけても味気ないし・・・まだ土方さんの句集にちょうどいいのあったかなぁ・・・?」
土「てめっ・・・また俺の句集破る気かっ。大体俺の方が千鶴より泣きてぇよ(←何気に句集破られてる)」
沖「いいじゃないですか、減るものじゃなし♪(←罪悪感ゼロw)」
土「てめぇが破ったんだから、減ってるじゃねぇか!!」
沖「しみったれた事言わないでくださいよ、土方さん。もう一度書いたらいいだけのことじゃないですか。
  大丈夫ですよ、中身は僕が全部暗誦できますから・・・えーと、一『輪咲いても梅は~』」
土「総司ツッ、いちいち千鶴の前で読み上げんな・・・今日と言う今日はただじゃおかねぇ・・・(怒)」
千「お、沖田さん・・・なんで土方さんこんなに怒ってるんですか?あの短冊、土方さんの大事なものだったんですか・・・?えぐえぐっ。」
沖「大事なもの・・・?どうかな、あれは土方さんの心のポエムだから、クスクスッ」
千「ポエム?それってなんですか?」
土「総司ィィィィィ、それ以上言うんじゃねえーーーっっ(;`O´)o!!」
沖「はいはい、そんなに恥ずかしいなら、何でわざわざ書き留めてるのか僕には不思議でしょうがないですよヾ(´ー`)ノ」
千「・・・私の風鈴・・・ぐすっ・・・(ノ_・、)」
沖「そんな顔しなくても大丈夫だよ、千鶴ちゃん。ほら、代わりの短冊がココに( ̄∇ ̄)(といいつつ、懐から土方さんの句集をチラ見せw)」
土「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブチッ(゜ロ゜)(土方さんの何かが本当に切れました)」

そして私と沖田さんは、風鈴の音よりももっと背筋の凍る涼しい体験をしたのでした。

・・・あれ?いい話のはずが、ゆゆき劇場になっているΣ(・ω・ノ)ノ!
お後がよろしいようで~<(_ _)>
  1. 2014/08/16(土) 22:35:48 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

ゆゆき様♪

引っかかって頂きましてありがとうございます~^^
どうしてこんなに親密になり、こういう態勢になったのか、是非考えて欲しいですねえw

ところで風鈴SSは、表に出しますか?
おまけ絵、1枚でもよろしければ、普通の記事欄にUPしますが^^
それにしても、このお話に他の連中が出てこないのは、
短冊の部分が土方さんの句だと気付いた皆さん、この下を通るのを避けていたからなんでょうねwww
  1. 2014/08/17(日) 11:38:53 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

ゆゆき劇場すごく楽しいです。

こんにちは。ゆゆき様。風鈴話その後、すごく楽しいです。
ありがとうございます。やっぱりゆゆき様は総司のこと、
すごく愛していらっしゃいますよね。以前に恥ずかしいって
おっしゃってましたが、ゆゆき様が沖千話をされてるのを
読むのって、すごく楽しいです、千鶴ちゃん至上主義な私
(特例を除く)、沖千萌えが熱くて大好きです。

ちょこ様にもすごく感謝です。お忙しい中、素敵なイラストを
描いて下さって、皆様次々お話を書いて下さるので、もう
きゅんきゅんしてます。萌えの楽園です。楽しくて楽しくて。
幹部の皆は、土方さんの怒りオーラを察知して近づいて
来なかったのだと思います。総司とゆゆき様のその後が
心配です。あの〜大丈夫ですか?副長に吊されてませんか?
必殺五寸釘で脅されていませんか?ご無事でしょうか?
土方さん、お怒りはごもっともですが、どうか抑えて。
  1. 2014/08/17(日) 17:34:54 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

>ちょこさんへ
えーと、ではお言葉に甘えて風鈴小話貰ってください(表に出してください)
お中元とかいいつつ、やはりちょこさんにイラスト描いて頂けるっていう甘い誘惑には勝てませんですわ、私Σ(ノд<)
新たに描いて頂けるのは本当に光栄なので、一枚と言わず半分でも4分の1でも、沖田さんのお団子だけでもw本当に嬉しいです///よろしくお願いします<(_ _*)>

>小萩さんへ
私の暑苦しい沖田さん語りを楽しんでくださってありがとうございます♪(ノ´∀`*)
偏った愛が溢れてとまりませんwww///
はまったばかりの頃は、薄桜鬼を知ってる(というか、私にこの作品を紹介してくれた)友達相手に5時間くらい沖田さんについて延々語ってしまったくらいですΣ(´□`;)鬱陶しいですね、はい。
私に捕まった人は延々沖田さんトークを聞かされますので、ご注意をwww(^w^)
自分じゃあまり自覚ないんですけど…やっぱり私のトークは熱いですかね!?(;゜∇゜)好きなものについて語ってると我を忘れるんですよ、ははは。

~~~~~~~~~~~~~~~
お二人とも、他の隊士の反応が気になるんですね!?(;゜∇゜)
あまり深く考えてなかった\(>_<)/とか言いづらい←
でも、土方さんの句にはみんな気づいてない気がするんですけど…ほら、斎藤さんならともかく、左之さんとか、新八さんとか、平助あたりは大雑把そうじゃないですかw(´-ω-`)


平助「へー、これ総司が作ったのか?千鶴が喜んでたぜ。」
新八「誰にでも特技はあるもんだな。」
沖田「失礼だなぁ、新八さんは。僕に剣で勝てないくせに何いってるんですか。」
新八「ああん?調子に乗りやがって…勝たせてやってるんだよっ!」
沖田「そんな気遣いしてくれなくていいですよ、僕新八さんには負けませんから。」
新八「何をぅ?!」
左之「まあまあ新八、総司相手にむきになるなよ。それより千鶴のためにお前がなにかしてやってるの初めて見たぜ…。」
平助「だよなー!今日雨かな…やだなぁ、俺、夜巡察なんだけど。」
沖田「左之さん、平助・・・それ、どういう意味?」
左之「そりゃ言葉通りの…んな怒んなよ。」
沖田「別に、僕怒ってません。」
平助「総司もそういうとこ、子供だよなー。」
沖田「何、平助のくせに。僕に意見する気??」
新八「…なあ、この短冊の部分、なんて書いてあんだ??俳句か、こりゃ??」
平助「新八っつぁん、何書いてあるんだ、俺にも見せて…て、だーっははは、こりゃ傑作だな。は、腹いてぇ・・・」
左之「平助?なんて書いてあるんだよ…って、確かに五七五だけどこんなひでぇ句見たことねぇな…総司が考えたのか、これ?」
沖田「冗談止めてくださいよ。僕に句を捻る趣味なんかないですから。」
平助「だよなー。それにしても、こんな才能のない俳句も珍しいよな。ある意味、才能??」
斎藤「…皆、集まって何をしている?」
平助「あ、一くん。総司が千鶴のために風鈴作ったんだけどさ、ここについてる俳句が傑作で…ぶはっ。」
沖田「平助、僕は別に千鶴ちゃんのために作った訳じゃないよ。たまたま作ったのをあの子が欲しいって言ったから…」
左之「まあ、どっちでもいいじゃねぇか。」
斎藤「ほぅ、総司がそんな事を。俺にも見せてくれ。」
斎藤「うむ…?この短冊の部分、何やら見覚えがあるが…」
新八「見覚え?斎藤に句を読む趣味なんかあったのか?」
斎藤「いや、句自体は始めてみたが、この字の書き方、どこかで…」
沖田「くすくすっ。一くんは見覚えあるはずだよねぇ、皆だって本当は知ってるはずだよ?」
左之「俺たちも知ってる…?このだせぇ句を?」
斎藤「総司、もしやこの文字…副長の字では…」
沖田「さすが一くん。君ならわかると思ったよ。」
平助「えっ??」
左之「はぁ??」
新八「何だと??」
斎藤「やはり副長の句だったか。これが副長の…(しみじみ)
新八「なあ、おい。」
左之「ああ、これは…」
平助「やばいよな…」
沖田「どうしたの、三人とも。これが土方さんの作った句だってわかった途端、なんだか大人しいね。さっきまで笑い転げてたのにw」
左之「総司、お前ぇ…これ勝手にやっただろ。」
沖田「うん♪土方さんの句をみんなにもみてもらおうと思ってさ。」
左之「総司が千鶴のために何かしてやったなんて、変だと思ったぜ。」
新八「なあ、おい。それよりもこれ、俺たち知らないふりをした方がよくないか?」
平助「あー、土方さん怒るよな~。俺とばっちり嫌だぜ。」
新八「マジで鬼だもんな。おー、怖ぇ怖ぇ。」
沖田「みんなの率直な感想、土方さんに伝えておいてあげるね。」
平助「ちょっ…総司、それは勘弁っっっ!」
斎藤「それはいい。副長も喜ぶだろう、素晴らしくいい句だからな。」
平助「え?一くん…??この句、いいと思うのか??」
斎藤「ああ、武骨だが素直ないい句だと思う。いかにも副長らしい。」
新八「斎藤、お前ぇ少し働きすぎなんじゃねぇか??それとも暑さにやられたか?」
左之「ああ、違ぇねえ。おい平助・・・ちょっと山崎の所に連れてってやれ。」
平助「ああ、わかった。一君ほら、肩貸せって・・・なっ、遠慮すんなって。熱あるんだろ?」
斎藤「どうした?皆変な顔をして・・・総司もいい句だと思ったからここに吊るしたのだろう・・・?平助・・・熱とは何のことだ??」
沖田「一くん…君は本当に面白いね…」
斎藤「総司・・・(きょとん)??」


みんなに生暖かい目で見られる一くんでした…。
とっぴんぱらりのぷうヽ(‘ ∇‘ )ノ。


あれ?三馬鹿どこいった??Σ(´□`;)
携帯で打ってるんで、ちょっとこれくらいで…(汗)三馬鹿の台詞は大体、どれが誰か推察してください(汗)この三人、口調がにてて難しいです…\(>_<)/

~~~~~~~~~~~~~~~~
(↑上の小話、修正しましたΣ(´□`;)。)
なんか細かい所納得行かないのと、やっぱり三馬鹿わかりにくいので、こっそり手直ししておきました・・・気づいた人だけ、楽しんでくださいw
  1. 2014/08/18(月) 02:31:01 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

うお!!楽しいです。

こんばんは。ゆゆき様。風鈴話のその他の反応、皆それぞれですね。
三馬鹿の台詞はだいたい誰が誰だかわかるので大丈夫です。
っていうか、すっごく楽しい!!笑いすぎてお腹痛い。ひ〜!!
一さん、本当に土方さんに心酔してるんですね・・・豊玉発句集を
「良い句だ・・・」ってしみじみ言う人、初めてです(笑)。

ゆゆき様の総司語りや沖千萌え語り、是非是非ご拝聴したいです。
5時間でも6時間でも。きっとすごく楽しいと思います。そのうち
私もつられて熱く語り出しちゃったりして(笑)。ゆゆき様の
お話読ませていただくと、沖千に転びたくなっちゃうんですよね。
ついつい、眠っている情熱が。ゆゆき様の沖千、大好きなので。
  1. 2014/08/18(月) 21:35:09 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

>小萩さんへ
続き、楽しんでいただいた様で嬉しいです///もともとシリアスなのよりこういうのの方が得意なので、この後もみんな私の脳内で延延しゃべってますw
とにかく沖田さんのみんなへのちゃちゃ入れ具合が激しいので、誰か一言しゃべるたびにちゃいちゃ入れて話が全く進まないんです。
自分の中で考えてるときは楽しいんですけど、文字でお話にするときはかなりカットしないといけないので・・・o(´^`)oもどかしい。
・・・って考えると、うちの沖田さんってかなりおしゃべりですねw
でも、原作者の方も『沖田さんは混ぜっ返し役で、話を盛り上げるのは彼の役目・・・だけど、沖田さんは混ぜっ返ししすぎるからどれくらいの分量でやるか悩む』というようなことを書いてたので、まあ、これは沖田さんの特徴と言えば特徴ですよねwww(・-・*)ヌフ

斎藤さんは『豊玉発句集』に真顔で突っ込みいれてるときありましたよ。
『副長・・・『一輪咲いても梅は梅』とは、一体何を意図したもので・・・?』ってwww別にけなしてるわけじゃなくて、本当にわからないので教えてくださいって言う意味でwww一君はある意味、沖田さんよりこういうときたちが悪くて爆笑しますwww

土方さんがたびたび『豊玉発句集』を盗まれちゃうのは、セキュリティ弱かったせいですかwww
ぜひ、セ●ムか、アル●ックと契約した方がいいですねw風間さんもよく侵入してますしね~(違)
でも、むしろ弱くしてるんじゃないですか~?土方さんも大概ツンデレなんで、「やめろよ、読むなよ!!」とかいいつつ、本当は他の人にも読んで(出来れば褒めてほしい)からわざと盗める場所においてある、みたいなo(゜∇゜*o)

うちの沖千が楽しいって言ってくださって、こちらこそ嬉しいです(*´∇`*)
次は甘甘いちゃらぶが書きたいなぁ~。ちょこさんのイラストで書きたいのが溜まってて、もう大変です///
また書けたら読んでやってくださいませねヽ( ´¬`)ノ
  1. 2014/08/19(火) 09:07:53 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/625-b6e718a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)