皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

暑中お見舞い申し上げます(*^-^*) ☆


カット487

御心配頂きましたが、取りあえず何とか動いています(^^;

全国では大雨やら食中毒やらと、色々大変な事が起こってますが、皆さんの所は大丈夫でしょうか。
くれぐれもお気をつけて、良い夏をお過ごし下さいね^^


そろそろ頼まれものの原稿にも手をつけなくちゃー、とは思いつつ・・・
連載も今の内に切りのいい所まで、と焦りつつ・・・
最近はまた腐女子をちまちまと更新し始めています。
しかし今回も一部某キャラ贔屓の方たちには、苦手な展開かも(-_-;)
その際にはどうぞ自主規制して下さいね(^^;


◆嬉しい拍手コメントへのお返事は続きから、どうぞ♪
【勾陣様・みお様・香住様】




勾陣様


本当に最近の暑さはハンパないですよね(-_-;)
昔は家にエアコンなんてなかったですし、熱中症なんてほとんど聞いた事なかったものですが・・・。
家の中にいてまで熱中症の心配なんて、一体日本の夏はどこまで暑くなるんでしょう;
元々、寒さより暑さの方が苦手なので、年々夏はしんどくなる一方です。
自分に合った暑さ対処方―――なかなかみつけられませんがw今年も何とか頑張って乗り越えます!
どうぞ勾陣さんも今年は熱中症にならないように、お気をつけて過ごして下さいね。



みお様


さすがにお若いだけあって、活動的な夏を過ごすようですねw
旅行なんて、私、もう何年行ってないだろーwww
リアル友人は今現在、丁度家庭生活で忙しい時期ですしねえ。コミケも参加しなくなってン十年w
しかし以前は、夏コミケ会場ではあまりの熱気に、冷房がほぼ効かないものでしたが、今はどうなんでしょう?
暑さ対策は万全にして、楽しんできて下さいね^^



香住様


水分補給し過ぎでお腹たぽたぽですよw
で、汗だくになるものだから、原稿がへろへろになるし、困ったものです(-_-;)
そんな中、何とか腐女子をちまちま描いてますが―――あはは♪ 香住さんの予想が当たるかどうかw
後数ページで判明いたしますので、お楽しみに―――って、そこまで無事に、またダウンしないでいる内に描けるよう祈ってやって下さい(^^;)


  1. 2014/08/04(月) 12:14:19|
  2. 「薄桜鬼」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<「可愛い花にも毒がある」 | ホーム | どうすりゃいいの!?>>

コメント

夏は浴衣に風鈴。風流ですね。

こんばんは。小萩です。お暑い中、「腐女子〜」のご更新を
ありがとうございます。平助の町娘姿に鼻血ぶー!!な私(笑)。
いやあ、目の保養をさせていただきました。平助、愛してるよ。
自主規制しなくても全然大丈夫です。あれならイケる!!
今後の展開が楽しみです。のんびりお待ちしてますね。

千鶴ちゃんの浴衣姿、可愛いですね。風鈴と一緒に風情を
感じます。うち、マンションで「風鈴禁止」なので、一戸建て
の方が羨ましかったりするんですが。江戸風鈴の音が懐かしい。
今年の夏は本当に災害等が多くて何かと大変ですが、ちょこ様も
お身体お気を付けてお過ごし下さいね。

  1. 2014/08/08(金) 03:44:06 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

小萩様♪

え、最近のマンションって風鈴禁止なんですか。
マンションに暮らした事がないので、知りませんでした(^^;
そっかー、集合住宅では、風鈴の音も人によっては耳障りになるんでしょうね。
セミの声もうるさいと思う人もいますものね。
夏の風物なのに残念…って、その夏の風物の台風が近付いてますね。
そちらも災害にもお身体にも充分御注意下さいませ(^^ゞ
  1. 2014/08/08(金) 16:12:57 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

誤字誤謬ごめんねのイタズラ感想文②です

こんばんは、ちょこさん、小萩さん。花音痴でございます。
こちらで香住さんやみおさんが、素敵なお話を投稿したり書き込んでおられるのを読んで、私もまた悪戯したくなって出てきました~(*ノ∀`*)  (みおさん、初創作だったのでしょうか??good job!)

風鈴。風情がありますよね。
屯所では、寝る時は雨戸はどうしたのかな。閉めるんだったら風鈴は一々中に入れたのかなどうかな??とあれこれ迷いつつ、細かい設定や構成や一部のキャラ解釈は無視して(笑)こんな感想文を書いてみました。 ちょっと長くなっちゃったけど(2900字ほど)、暑気払いにどうぞ~ww

******

「風鈴一つと花一輪」


ある夏の日。
朝餉の席で、近藤が風鈴を取り出した。
出先で見かけた屋台で買い求めたという。

「雪村君にあげようと思ってな」

近藤は大きな手で吊り紐を左右に振ってみせる。
風鈴は揺れて、いかにも涼しげで清々しい音をたてた。

「え。私なんかが頂いても良いのでしょうか……」

近藤自身の部屋か他の幹部に……と、何事にも控えめな娘が、折角の土産を辞退しようとさらに言葉を続けようとした時――。

「へえ、近藤さんも気の利いた事をするじゃねぇか。遠慮せずに、もらっとけ」
「よっしゃ、千鶴ちゃん、俺がそいつを部屋にぶら下げてやるぜ」

彼女の気性を知る『兄貴分』を自認する男達が、千鶴に先んじて動いた。
近藤は永倉に、そうしてやってくれと、風鈴を手渡し、土方と共に部屋を立ち去った。

永倉は皆に聞かせる為に、風鈴を揺らしてやった。
ちりりん、ちりりん。
その音は、涼やかに男達の名を呼び、軽やかに笑う若い娘の声にも似て。

「ねえ、これってさ」「ああ、そうだな」

沖田と斎藤が思わせぶりに小さく頷き合うのを見て、藤堂は「何?」と訊ねる。

「わからない?何かを思わせるでしょ」
「平助も良く知っている、な」

その返答に、藤堂も、ああ、と頷き返した。
その場の一同が納得する中、千鶴だけが分からないという表情を浮かべていた。

「いいんだよ、千鶴は分からなくて。俺達だけが分かれば良いってこと」

藤堂の物言いはあくまで屈託が無い。
それで千鶴も気を悪くはしなかった。
日頃から、隊士ではない己には知らされない事柄が多い。
この風鈴の音色についても、男達だけの『隊無に関わる符丁』のようなものかもしれないと、聡明な彼女は追及を避けた。

「とにかく、早く吊るそうぜ」

永倉の大きな笑みが、夏の太陽を思わせて眩しく見えた。


***


翌朝。
千鶴は蝉時雨の音に起こされて目を覚まし、障子を開けた。
昨日は永倉と原田が吊るし場所を巡って騒動の末、風が通る部屋の外の廊下に風鈴を吊るしてくれた。
今日も風が適度に吹けばいいなと、その場所を見ると――ある筈のものが消えていた。

「え、どうして…無いの……」

猫や鼠の類の仕業でもあるまいにと、彼女は申し訳なさに近藤や永倉達の顔を思い浮かべつつ、すぐ近くの斎藤の部屋の前に立った。
何か困った事があった時、千鶴が真っ先に頼るのは斎藤である。
早起きであり、気配にも敏い男は、彼女の障子に映る影を一瞥しただけで誰何してきた。

「千鶴か。どうかしたのか」
「あ、おはようございます斎藤さん。あの……風鈴って消えて無くなるものでしょうか」
「何を寝ぼけた事を……」

言葉と同時に障子が開いた。彼は既に身支度を終えていた。

「昨日頂いた風鈴が消えました……」
「新八の吊るし方が甘かったのであろう。床下にでも転がって落ちているのではないのか」
「辺りは全部見たのですが……」

寝る前に中に取り込まなかった自分が悪かったのですと、気を落とす娘を横目に、斎藤は辺りに目を配る。
彼は中庭を囲んで並ぶ幹部達の部屋とその前の廊下を見渡し、すぐに口辺に笑みを薄く漂わせた。

「あれだ。あそこにある」
「どこですか」
「分からぬか?総司の部屋の前だ」

まさか、と、彼女が斎藤の指差す先を見遣れば、確かに軒先に吊るされた風鈴が。
折柄の微風に煽られて、それはちりりんと、鈴の音さながらの可憐な音をたてた。

なんだ、なんだと、他の男達も障子を開けて顔を覗かせた。
こういう時にはすぐ顔を出してくる沖田だけが、やはり気まずいのか、ぴたりと戸を閉じて姿を見せない。

「総司の奴、また千鶴に悪戯したのか?」
「大方、近藤さんの土産が自分宛では無かったので拗ねたんじゃないのか」
「本当に童みたいな奴だよな、あいつ」

否、そうではないだろう、あれは……と、日頃は口数の少ない男が珍しく己から推察を述べようとした時、息の合った三人組に目で制止されて、やむなく口を閉ざした。

「近藤さんからのお土産を、私なんかが頂くべきじゃなかったのですね。沖田さん、それで気を悪くされて、あれを取り上げられたのでしょうか……」

しおたれて勝手場へと向かう彼女の背を、男達は後ろめたさを覚えながら見送った。
やがて原田が口を開く。

「総司の気持ちは分からねぇこともないんだがな。あの風鈴の音は千鶴の声を思わせるからな」
「俺だって耳元でずっと聞いていてぇよ。自分の部屋の前に吊るせば、すぐそばで千鶴の声がするのと同じ気分になるってわけだろ?」
「だよな、こう膝枕なんかしてもらってよ、永倉さんってあの声で呼ばれた日にゃあ……」
「あー、もう!そんな嫌らしい妄想すんなよ新八っあん!!」

斎藤は、藤堂と永倉のやり取りに小さく溜息を零した後、原田に問う。

「左之、何故、本当の事を千鶴に云わない?」
「馬鹿だな、敵に塩を送る事もねぇだろ」
「塩?」
「わざわざ千鶴に教えてやるのか?あれは総司が、鈴の音つまり千鶴の声を聞きたさに持って行っただけだとよ。総司が千鶴をからかったり悪戯するのは、実はあいつの気を惹きたいがための子供じみた行為だと教えれば……その日から千鶴は総司を男として意識してしまうんだぜ?近藤さんの土産が欲しくて拗ねたことにすりゃあいいんだよ。それなら、あいつは千鶴にとって唯の困った悪戯っ子だ」
「………なるほど。千鶴の声と似た風鈴欲しさの犯行だとは思ったが、そこまでは思い至らなかったな。さすがは左之、というべきか」
「お前もよ、もそっと女と遊んで恋のいろはを修行したらどうだ」
「それは遠慮しておこう……」

男四人の明るい笑い声が、早朝の中庭に響く。

「なあに、僕を出しにして楽しそうだね、君達」

いつの間にか沖田が背後に立っているのに気付き、彼らは肝を冷やす。

「は、粗方はこっそり聞いていたんだろ?だったら話が早い。あの風鈴、俺達にも寄越せ」
「嫌だよ……といいたいところだけど、千鶴ちゃんに余計なことを吹き込まないって約束するなら貸してもいいけど?」
「お前にしちゃあ話が分かるじゃねえか」

今度は五人で笑った。
沖田が簡単に引き下がった事に、四人も、そして沖田自身も居心地の悪さを感じながら、引き攣った笑みを顔に貼り付かせた。

そこへ何事かと、奥の部屋から土方が不機嫌な表情でちらと顔を出し、すぐに引っ込めた。

(ったく、どいつもこいつも揃って千鶴に骨抜きになりやがって。近藤さんに風鈴をもう一つ買ってくるよう頼むとするか。肝心の千鶴の分が取られちまったからな)

ここにも彼女にだけ甘い『鬼』がいることは、公然の秘密である。


***


こうして局長土産の風鈴は、この夏の間、若い幹部達の部屋の前の軒先を順に巡る事になる。
敢えて自室の軒先に吊るさなくとも、風鈴の音は離れた部屋にも届く。
しかし彼らは自分の傍に彼女の象徴のような風鈴を吊るす事に意義を感じたのだ。

「すまねえな」「ごめんよ」「すまん!」「ごめんね」そして「すまない」

大切に思う筈の娘から風鈴を取り上げて、己の耳を楽しませる大人げない自分達。
土方から頼まれた近藤が、もう一つ彼女専用に買い求めた風鈴を持ちこむまで、彼らは自嘲の笑みを互いに交わしながら、過ごしたのだった。



実は、近藤が気をきかせて三つめの風鈴を土方の為に買い、それが副長室の寝間の窓枠に吊りさ下げられている事が皆に知れたのは―――もう秋の声が届く時分であった。


(了)
  1. 2014/08/09(土) 00:35:47 |
  2. URL |
  3. 花音痴(再) #-
  4. [ 編集 ]

風鈴の音って可愛いですよね。

こんにちは、花音痴さん。小萩です。みお様や香西香住様に
触発されて、再びご降臨。素敵SSをありがとうございます。

風鈴の音が千鶴ちゃんの声に似ている、というのは何だか
すごくよくわかる気がします。鈴の音がころころ鳴るように、
心地よい音色。柔らかくて優しくて心が澄み渡るような。
りいんりいん♪。涼やかな音が心にしみますよね。風情が
あってとても素敵です。

千鶴ちゃん本人は気付いてなくて、でも幹部隊士全員が同じ
気持ちでいるって、何だかすごく良いなって思いました。
土方さんも実はこっそり(笑)。近藤さんが買ってくれた
風鈴で、夏の情緒を満喫出来て、かつ心密かな楽しみが
あるっていう。千鶴ちゃん、本当に愛されてますよね。
じ〜ん。←千鶴ちゃん大好き人間なので、こういうお話に弱い。

ああ、マンション住まいなのがちょっと恨めしいです。
集合住宅なので、音の規制がやかましいんですよね。
風鈴禁止は痛いなあ。でもちょこ様のイラストと、
花音痴様のSSとで風流を満喫出来ました。またネタが
降って来たら、是非書いて下さいね.お待ちしてます。

  1. 2014/08/09(土) 13:58:32 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

花音痴様へ。

花音痴様こんにちは。(初めましてだったらごめんなさい!)みおです。

風鈴の音が千鶴ちゃんの声…
なんとなくわかる気がします。(^^)
聞いていて癒されるような風鈴の音、もとい千鶴ちゃんの声、独り占めしたい幹部の皆さんの気持ちがわかります。

私なんかは窓枠にアヤメの花が挿してあるイラストが人生初創作でした。
2作目・3作目は雷イラストなんですが…
花音痴様や他の皆様みたいに素敵なSSが書ける方がうらやましいです。
また何か思いついたら是非書いてくださいね。
  1. 2014/08/09(土) 16:16:58 |
  2. URL |
  3. みお #-
  4. [ 編集 ]

花音痴様♪

またまた、感想文というにはもったいないSSをありがとうございます^^
うちに来られる方たちが気付いてくれるといいなあ、と思ってたら、早くもいつもの皆様方はとっくに読んでいたようですねw
それにしても、今回の沖田さんも可愛いwww
そして原田さん、本気モードですねw
斎藤さん、恋の修行を断ってくれて良かったw
この後の展開が気になります~
  1. 2014/08/09(土) 18:22:04 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

~来世でも おなごでいいよ 但し書き 千鶴人生 私にも~

↑↑上記、軟弱モノなので、楽チンで美味しいシチュだけ取り出して追体験したいです~(←皆そうだよ!?)

小萩様へ♪

コメントをありがとうございます。
ちょこ様の元絵のちーちゃんが愛らしくて!!すぐに、皆に愛される幸せな彼女が思い浮かびました。
千鶴ちゃんの声は(もちろん中の人の声が素晴らしいのですが)人に愛される癒しの声という以上に、「好きな娘の声だから特別」って、幹部たちが感じてくれているといいなあって思いました。
皆が彼女を好いていて、しかもそれを互いに認め合っている。シリアスな三つ巴四つ巴も好きですが、千鶴総愛を受け入れて、彼らが共存している和やかなシチュも好きですww
風鈴禁止って残念ですね。
自然が作り出す様々な音には心癒されるものが多いですが、人工的なものにも、風鈴、ししおどし、下駄の音、夜廻りの拍子木etcetc 聞いていて和むモノって結構ありますよね。沢山はすぐに思い付かないけど(笑) この先もずっと残ってほしい音の文化が廃れていくようで寂しいですね。
ちょこさんのイラストにはいつも和ませてもらったり萌えさせていただいているので、何か降ってきたらまたイタズラにお邪魔しますね。 お声掛けありがとうございました(^.^)


みお様♪

お声かけてくださってありがとうございます!
ホントにアヤメのお話が初創作だったんですね。素敵なSSでしたヽ(*゜∀゜*)ノ
そして雷の小話にも癒されました。みおさんは斎藤さんがお好きなんですね?それって嬉しいな!
書くのって楽しいですよね♪ 
創作は「もっと描いて書いて」がプレッシャーになったりウザいと思う人と、逆にヤル気の燃料になる人がいるそうですが、私は後者の方。みおさんはどうでしょうかww
何か降ってきたら、また発表して下さると、読み手としてとても嬉しいです。
そして、皓月庵さんで一緒にワイワイしてくださるお仲間が増える事をこっそり願ってますww
私はまたイタズラに現れると思いますが、いつでも気軽に話しかけてくださいね♪
反応ありがとうございました。


ちょこ様へ♪

PCでご覧の方はコメント欄の投稿に気付きやすいと思いますが、スマホや携帯の方は気付かないかもしれませんね。それこそOKです(笑)イタズラなので、こっそり感がいいです(笑)
沖田さんが可愛らしいのは、彼がホントに可愛い人だからですョヾ(*´∀`*)ノ
原田さんの恋愛経験値からくる余裕度がまだつかめていません。副長とどう描き分ければいいんだろう??土千原とか書ける人は凄いなwwちょこさんの漫画も三人のがありましたよね。副長と原田さんの恋愛アプローチの書き分け教えてください(笑)
え、斎藤さん?彼は何でもいいんです。愛があれば(笑)私は何でも・どんな斎藤さんでも美味しく頂けます。うっとり。
体調不良の中、御返事をありがとうございました!お大事に!
  1. 2014/08/09(土) 22:48:08 |
  2. URL |
  3. 花音痴 #-
  4. [ 編集 ]

花音痴様へ。

花音痴様こんばんは。みおです。

アヤメの時はこんなの載せていいのかなって不安だったのですが、褒めてくださる方がいたのはとっても嬉しかったです!(*'▽'*)

「続きを…」と言われるととりあえず嬉しくてテンションがバカみたいにあがりますww
プレッシャーを感じなくはないですが、話しかけてくれた人には全力で応えようと思えます。(全力であの程度とは言わないでください!)

実は私は原田さんと沖田さんが1番大好きで、愛してるんです!ww
(も、もちろん斉藤さんのことも大好きです!)

リア友に薄桜鬼が好きな友達がいないので花音痴様や小萩様、ちょこ様たちに話しかけていただくのはとっても嬉しいのです(^^)
是非また話しかけてくださいね!
私も何か思いついたらまたお邪魔させていただきます。
  1. 2014/08/10(日) 00:15:48 |
  2. URL |
  3. みお #-
  4. [ 編集 ]

わ、私も。。゛(ノ><)ノ 混ぜてください~。

みなさん、こんばんわ。
暑中・・・ではなくなっちゃいましたかね。では、残暑お見舞い申し上げます(o*。_。)oペコ
みなさんの風鈴談義を見ながら、いつ輪に入ろうかとドギマギしてたらタイミングをなくしました(爆)
夏の風物詩でチリリンと鳴ってると素敵だなって思うんですけど、もはや自然風では耐え切れないへたれな私は、すぐに窓を閉めてエアコンに頼っちゃいます・・・風鈴の出番がない( ̄▽ ̄;)!!
そして、花音痴さん(仮w)のSSが、コメント欄にある割りに完成度高すぎて困るんですけど。。゛(ノ><)ノ これで感想文って・・・だったら、私なんてもう何も書けないです~(泣)。
この夏は、チリリンと屯所中賑やかな音がしそうな夏ですね♪オールキャストが出てるのに、これで話が収まってるのがすごいです。
私が書くと、沖田さんだけで延延話てますもんw
しっかし、勝手に風鈴持って行っちゃう沖田さんが話題になってますが、自分も借りたいのに言い出せない土方さんの方がもっとかわいいと思いますw(*ノノ)
近藤さんが柄にもなく気を利かせているのにクスっと笑って、ほっこりしました。

・・・というわけで、私も触発されたんでw風鈴小話考えてみました~\(・o・)/
うーん、花音痴(仮)さんと同じ所に書くのは気が引けるなあ・・・と思いながらも、まあせっかく書いたのでw
ちょこさんへの、遅ればせながらのお中元にもなれば幸いです(*´∇`*)←と言う割には、斎藤さんの「さ」の字も出ませんがwww
すいません、もう頭の中が沖千祭りなんで、ちょこさんも二番目に好きなだという沖田さんで許して下さい(*´∇`*)←ただ自分の得意分野なだけじゃんw

(ココにSS(メニューにある「涼風笑う」)を書いてたのですが、ちょこさんが正式に組みあげてくださったので、ここに上げた分は削除しておきますm(_ _"m)ペコリ)


お後がよろしいようで~(o_ _)o))ペコ

  1. 2014/08/15(金) 02:21:33 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

あ・・・れ?

ヘ(-.-ヘ;)... コソコソ...
ちょっと手直しに来たら、コメントに書いてよかったんだろうか・・・という長さに気がついてしまった・・・。
ちょっと長めですって言ってる花音痴さんより長ぇじゃん・・・( ´△`)私に短くまとめる才能はないです。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
普通にちょこさんに捧げた方がよかったかしら・・・でも、普通に捧げると、ちょこさんイラスト描いてくださるし、そうするとちょこさんのお手間になってお中元じゃなくなるし・・・書き込めたって事は、コメントは文字数制限とかないんですよね(あせあせ)
何かサーバーへの負担とかなってないといいんですが・・・ちょっと気になったもので(・_・;
邪魔だったら消してください~。。゛(ノ><)ノ ヒィ
  1. 2014/08/15(金) 11:14:25 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

ゆゆき様へ。

ゆゆき様、こんにちは。はじめまして。みおと申します。

沖田さんの手作り風鈴、素敵ですね(^^)
割れたものから何か作るなんて器用ですよね。しかもそれが千鶴ちゃんの為だなんて…素直じゃない沖田さんかわいいですよね!

私も(千鶴ちゃんに甘々な)沖田さん大好きなのでテンション上がっちゃいましたww

いつかこんな風に素敵なSS書けるようになりたいです(・_・;)
これからも仲良くしてくれたら嬉しいです!
  1. 2014/08/15(金) 15:41:27 |
  2. URL |
  3. みお #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~ ゆゆきさん みおさん

ゆゆきさんへ♪

花音痴です。ひょっとしてお声掛けていただいたかしらん??恐る恐る出てきました~。
おお、ゆゆきさんのSSがこんなところに。イタズラ同盟へようこそ(笑)
文中のぐい吞み再利用のアイデアにはなるほど~と、楽しく拝見しました。
ゆゆき家の沖田さんはホントに千鶴ちゃん大好きですよね♪ そして今話での、土方さんへの悪戯と千鶴ちゃんへの好意の示し方のミックスが楽しくてすごく和ませていただきましたww

コメント欄での文字の分量は難しいところですよね。私の風鈴話は2900字ほどでしたが、読む方の事を考えると、この欄では多分1500字程度までが適量なのかなとも思います。根拠はありませんが、見た目の印象で。

SSなら基本は投稿するのがいいのだろうとは思います。
また、訪問者の方にはこちらに長々と書き込むことを苦々しく思う人もいるかもしれませんね
(そういう人はどうかスルー願いますw)
それでも、「投稿するのは二の足を踏むけどネタの披露なら」という方や、「校正する時間はないけど、とにかく勢いで書いちゃった」という私のようなテキトー人間や、あるいはまだ慣れておられない方の気軽な発表の場になれば、庵主様も訪問者様も楽しんで下さるのではないでしょうか……。
(公式での展開が一区切りついてお仲間の数が減りつつある中、ちょこファンがここで和やかにワイワイできるのは素敵なことだと思いますww)
ゆゆきさんは以前から「投稿」されているので、今回の風鈴話も投稿してもいいかなと迷われているなら、思い切って投稿されてはいかがでしょう。
ちょこさん側はコピペして記事編集するだけなので、あとはイラストだけ。
(といってもこのイラスト作成がお手数をかけると遠慮してしまいますよね。分かります!でも投稿するとちょこさんは喜ぶのです。ホントです)
ちょこさんは今はお仕事でお忙しいようですので、公開時期が少し後になるかもしれませんが、この沖田さんにはきっと素敵なイラストをつけてくださいますよ。私も見たいです。
ちょこさんも描きたがっていると思います、多分(笑)(←ごめんデス、いつも勝手にww) 
という訳で、好き勝手に書き込んで(爆)
今夜はこの辺で失礼いたします。ぴゅーぱたぱたぱた。


みおさんへ♪

こんばんは。花音痴です。
沖田さんと原田さんがお好きだったのですね。失礼しました~(;'∀')
可愛い斎藤さんだったのでついついww
ところで、みおさんも、気が向いたら「投稿」してみませんか?
文章の長さは関係ないですし。ちょこさんが素敵なイラストをつけてくださいますよ。
自分の文章にイラストが付いたときの感動を、ぜひみおさんにも味わっていただきたいですww
とか余計なことを言ってゴメンナサイ。
あ、今度、香西香住さんの投稿があったら、彼女にもドンドン絡んでみてください。とってもスイートな人なので~♪
ではでは。また(^_-)-☆
人様を焚き付けるだけ焚き付けて逃げまーすww



  1. 2014/08/15(金) 23:32:06 |
  2. URL |
  3. 花音痴 #-
  4. [ 編集 ]

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪仲間に入れた~。

>みおさん
はじめまして、こんばんわ(*´∇`*)こちらこそ、仲良くしてくださいね。
私の小話を気に入ってくださって様で、嬉しいです///
私も沖田さん大好きで、もちろん千鶴ちゃんも大好きで、沖千至上主義で、沖田さんと千鶴ちゃんの幸せを心の底から願ってまして・・・///←くどいw
稚拙な文章しか書けませんが、少しでも沖田さんと千鶴ちゃんの幸せを形にしたくて、ちょこさんのイラストの力を大いに借りつつしこしこ書いてます♪
みおさんの書かれたSSも、十分素敵でしたよ~(^ー^* )続けざまに斎千だったので、やっぱり私もてっきり斎藤さんが好きなのかとw
ここには素敵な沖田さんも左之さんもたくさんいるので、次はぜひ最愛キャラでSS書いて見てはいかがでしょうか\(・o・)/
(特に、最近左之さんのSSが品薄な気がします・・・私は沖千が読みたいですがwww)
私はここの皆さんがうっすら呆れるほど沖田さんが好きすぎて、もはや沖千しか書けません。゜゜(´□`。)°゜。素敵な斎藤さんも平助もいっぱいいるのに。
他の隊士と千鶴ちゃんがいちゃいちゃしてると、私の脳内の沖田さんが全力で阻止しにくるので、最終的に手痛い目にあわせる事に・・・あわわわ。。゛(ノ><)ノ 他の隊士さんの身の安全のためにも、私は沖千しか書いちゃいけないんです///
そんなうちの沖田さんでよければ、次に何か書けた時も構ってやってください(*ノノ)

>花音痴さん
ええ、ええ呼びましたとも!!\(・o・)/というか、実は一瞬勝手に書き込んでしまいましたが(すいません、後で修正しました汗)おにゅーになった花音痴さんはいつ紹介されるんでしょう!?何か新しいSSと共に華々しくデビューすると踏んでいるんですがね(・-・*)ヌフ
イタズラ同盟に参加したい・・・んですが、何かそれなりに小話が書けたときにはすかさずちょこさんに捧げて、ちょこさんのイラスト『ちょこコレクション』を増やしたい気持ちもすごく強くて( ̄Д ̄;;沖田さんコンプリートしたいんですよ、私はwww←無謀な・・・
だって、花音痴さんみたいにサクサク書けないんですもん~( -_-)ネタは思いついても上手に形に出来るかはまた別問題で・・・(泣)
なんとか形に出来たら、すかさず沖田さんカットと交換してもらわないと、私の力量だといつSS書けなくなってもおかしくないんですもんY(>_<、)Y
『ネタの披露』ぐらいのイタズラ参加が私には関の山です~

やっぱり、コメントにしては文字数多すぎですよね~(・_・;。さっき確認したら、私の方の風鈴話は約4500字でした。コメントの範疇超えてる・・・。。゛(ノ><)ノ
実は、投稿しようかなとも思ったんです。上にも書いたとおり、それなりに書けた時は、私はイラストゲットのチャンスなんでw(*ノノ)
でも、ちょうどいい感じにくっつけれるイラストがなくてですね・・・(ちー様と風鈴はあったなぁ・・・)
それにやっぱり、おまけイラスト描いていただけるのがすごく嬉しくて、それが一つのSS作成のモチベーションになってるのは確かなんですけど、あんまり大した事のない話で描いていただくのも申し訳なくて・・・(・_・;(一つ前にいいのを頂いたばかりでしたし)
それで、花音痴さんに便乗してみたんですが・・・便乗するにも分量多すぎたって言うw
いたずらはさりげなく施さなくてはいけないのに、これではすぐにばれてしまいそうです( ̄▽ ̄;)!!私悪戯のセンスない・・・(爆)
私の勝手なる本音を言わせて貰えば『SS書けたら迷わずちょこさんに見ていただいて、イラスト欲しいよ~!!』なのですが、いつも大人な対応のちょこさんに甘えすぎちゃってたらどうしようという不安もありまして・・・(-_-;)ほどほどにしとけばいいものを、私はやりすぎる傾向がありまして・・・。
なので『投稿するとちょこさんは喜ぶのです。ホントです』とフォローしていただいて嬉しかったです///
でも、これも花音痴さんの大人な励ましなのかも・・・o(´^`)o←小心者なので、いろんなことにビクビクしています(苦笑)

ゆゆき家の沖田さんは今日も千鶴ちゃんの事が大好きです(〃д〃)もう二人とも結婚しちゃえよ、屯所時代から!!と思わないでもないですが、次は彼らにどんな試練を与えようかなぁとまた妄想を膨らませております///もう、沖田さんと千鶴ちゃんがいればなんでもおいしくなります。
あ、瀬戸物に錐で穴は開くのか?とか、根本的な疑問は持ってはいけませんwwwたぶん沖田さんは器用設定があるのでできるかとw
(ちなみに、電動ドリルがあると開けれるそうです。割れてしまう確率も高いそうですが(-o-;)
  1. 2014/08/16(土) 01:36:52 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

ゆゆき様♪

おお!私が仕事でちょっとアタフタしている隙に、何やらコメント欄が盛況のようで(* ̄∇ ̄)
ゆゆきさん、素敵な小話ありがとうございました!
いや、コメ欄に書き込まれるのは、全然大丈夫なんですが―――
ただここだと、気がついた人にしか目に留まる事がないので、折角書いて頂いたのにもったいないなあ、と思って(それが『イタズラ』だと花音痴さんはおっしゃるんですが(^^;)。
花音痴さんの代弁は的を射てますwので、SSの長さやイラストの心配などなさらずに、今後はどこにでもお好きなように作品を発表して下さい^^
我が家を皆さんに使ってもらえるのは、大変光栄ですから♪

しかし、あの土方さんにぶち切られた風鈴w
その後、優しい沖田さんはちゃんと補修して、またちーちゃんにあげたんでしょうか(*^-^*)
  1. 2014/08/16(土) 10:42:24 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

ゆゆき様のお話も大好きです。

こんにちは。皆様、ご盛況で何よりです。ゆゆき様の沖千話、
私大好きですので、是非是非残しておいて下さいませ。
句集破られて風鈴に使われちゃってぶち切れた土方さんは
気の毒としか言えませんが、土方さんのお部屋のセキュリティ
甘いんですかね?そう何度も何度も句集盗まれちゃうようでは、
副長の沽券にかかわるんじゃないかと(苦笑)。それとも
やっぱり総司が一枚上手なのかな。
でもせっかくの風鈴壊されちゃって千鶴ちゃん可愛そう。
気に入ってたのに。土方さん、責任取って直して下さいね。
でないと千鶴ちゃん泣いちゃいますよ。
みお様も花音痴様もゆゆき様も、ネタが降って来ましたら、
どんどん書いて下さいね。心待ちにしています。
  1. 2014/08/17(日) 17:17:17 |
  2. URL |
  3. 小萩 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/618-3d1c7a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)