皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「君への想いを桔梗に託して」

今回は、以前私が描いたイラストへSSを頂きました。
BlueRedIce」の香西香住さんから、新千です^^

確か『新婚さん』テーマの時の、おまけ絵だった気が…ww
うちでは、そんなひどい扱いの新八さんですが、今回の新作SSLではとうとう公式に攻略キャラになるとの情報が!?
うーん、でも先生との恋愛ってだけでもハードル高そうなのに、その相手が賭け事好きってのはどうなんだろ^^;
色んな意味で大変そうな相手ですねw

しかし、香住さんはそこの所をうまく料理して下さいました。
これなら―――いや、でもこの条件だと、一体いつちゃんと結婚できるんでしょうwww


新八さん、頑張れ!という、エールを贈りたくなるお話は、続きからどうぞ♪



挿絵は感謝を込めて香住さんへ進呈します。
他の方はご遠慮下さいね。


『永倉先生!私、永倉先生の事、ずっと好きでした!その…わ、わ、私を、先生の恋人にしてください!』
『千鶴ちゃん……サンキュー。千鶴ちゃんの気持ちはすげー嬉しい。だけど、千鶴ちゃんは俺にとって、生徒だから、その気持ちは……』
『そうですか……。わかりました』


君への想いを桔梗に託して


 中庭に咲く桔梗を見て、微笑む。

「ごめんな」

 一生懸命咲いた桔梗を一輪だけ摘む。

カット372君への想いを桔梗に託して

 桔梗の花言葉は『優しい愛情、誠実、従順、変わらぬ愛、変わらぬ心、清楚、気品、正義』など。秋の七草の一つで、その根は漢方薬にも使われている。俺達が生き抜いた時代から愛されていた花。
 正に、あの娘にぴったりの花だと思う。

 彼女……雪村千鶴ちゃんに告白されたのは、今から六年前。彼女が高校二年生の時だ。


 つまり、まだ俺の可愛い生徒だった頃。

 正直、勿体ないと思ったさ。
 可愛くて料理が出来て優しい女の子。

 だけど、あの頃千鶴ちゃんは俺にとって生徒で。

 第一、千鶴ちゃんは俺には勿体無い。

 そう思って断ったんだ。

 きっと、千鶴ちゃんは俺なんかより素敵な奴と一緒になる。

 六年前、彼女はあっさり引き下がったし、俺はそう思っていたんだが……。

 それから、約五年半後、幼さに色気をプラスした彼女は、再び俺の前に現れた。

 俺と同じ、教師として。

 高二の頃から変わらない愛らしい笑顔で。

『永倉先生。私、もう生徒じゃありません。貴方と同じ教師です。だから、私を恋人にすること、真剣に考えてくださいね。もう、理由は与えませんから』

 全く。彼女の行動力には敵わない。

『貴方と同じ教師になるために逆上がり、跳び箱五段、水泳50m頑張ってクリアーしたんですからね!』

  ……高校の体育の単位取りの事だろうか?

『そっか……。頑張ったんだな、千鶴ちゃん。ここまでされちゃあ、俺も腹を括るしかねぇな……』

 中身は昔と変わらぬ彼女の頭を撫でながら、俺は彼女の想いを受け止めた。

 今日もお昼を一緒に食べる約束をしていて、ここで待ち合わせをしてるわけだが……。


 実は、今日は彼女の誕生日だ。彼氏としてプレゼントの一つ用意するべきなのはわかってはいるが、彼女と付き合い始めて決心したことがある。

 まず、俺ももういい歳だし、もうこんな機会もそうそうないだろう。千鶴ちゃんをお嫁さんに貰いてぇと思っている。

 その為に俺は決意した。

 まず、プロポーズするまでは、彼女にキス以上はしねぇ。

 これはケジメだ。

 そして、賭け事は止める。

 これも女房を貰うからには当然だと思うんだよ、俺は。

 それから、借金を返し終わるまでプロポーズはしない。

 こりゃ礼儀だと思う。千鶴ちゃんに苦労させたくねぇしな。

 と、まあ、理想の旦那っぽく言ってみたが、要するに。

 プレゼントを買う金がねぇ。

 プレゼントは気持ちって言うが、やっぱり何かやりてぇじゃねぇか。

 花、ならいいよな。うん。

 許可はもらってねぇが、ちゃんと謝罪はしたし、花泥棒は罪にならねぇって言うしな、うん。

 花一輪。

 数日も経たない内にきっと枯れてしまうだろう。

 だけど、俺の気持ちは届けてくれるはずだ。

 さっき摘ませて貰った桔梗で指輪を作る。意外に見られちまうが、手先が器用な自分で良かった。

「永倉先生!」

 遠くから千鶴ちゃんが手を振って駆けてくる。
 取り合えず、桔梗で作った指輪は壊さないように後ろに隠す。

「おうっ!千鶴ちゃん、焦んなくて良いから転ばないでくれよ!」

 駆けて来る彼女に声を掛ける。

「はいっ!きゃっ!」

 元気に返事をしてくれたのに、何もねぇところで躓いた。

「危ねぇ!」

 瞬時彼女の元に行き、片手で弁当、片腕で彼女を受け止める。

「大丈夫か、千鶴ちゃん」
「は、はい。すみません」

 千鶴ちゃんはおっとりしていて、こんな風に転びそうになる事はよくある。

 この子と付き合い始めて縮地法をマスター出来た気がする。今度斎藤に居合いでも習うか。いや、今の時代必要ねぇか。剣を握らなくても千鶴ちゃんは護れる。しかし、この子、学生時代はどうしてたんだ。
 あの頃はそこまで注意してなかったからな…。今度左之に聞いてみっか。確か、千鶴ちゃんの担任だったはずだ。…羨ましい。


***


「うめぇ!」

 プレゼントは置いておいて、千鶴ちゃんと共に護った千鶴ちゃんの弁当を食べさせてもらっている。

 料理上手な彼女、最高!

「くすくす。永倉先生、お弁当が付いてますよ」

 千鶴ちゃんが甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる。やっぱり俺にゃ勿体ねぇ彼女だよな。

カット253


「おう。サンキュー、千鶴ちゃん」
「いいえ。永倉先生が美味しそうに食べてくださるので作り甲斐があるし、とても嬉しいです」

 彼女の笑顔は癒しだと思う。
 昔もそうだったけどな。


***


「千鶴ちゃん」

 デザートのフルーツまで平らげた後で本題に入る。

「はい?」
「手を出してくんねぇか?」
「手を、ですか?」
「ああ、左手を」
「こうでしょうか?」

 不思議そうにしながらも出してくれた手を掴み、薬指にお手製の桔梗指輪を通す。

 おっ。ぴったり。我ながらすげぇ。

「永倉先生、これ…」
「今日、誕生日だろ?即席で悪いけど、俺の想いを詰めてみた。借金返し終えたら本物贈って千鶴ちゃんを貰いに行くから、今はそれで我慢してくれねぇか?」
「……なら、私は、紫のアネモネを探しに行かなきゃ、ですね」
「千鶴ちゃん!」

 涙目で微笑む彼女を強く抱き締める。 

 アネモネ。

 数ある花の中でも花言葉は多く、「はかない恋」や「恋の苦しみ」や「薄れゆく希望」みたいに人に贈るには似つかわないものもあるが、紫と限定されると……


  あなたを信じて待っています。 


          END
  1. 2013/11/13(水) 11:35:47|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<薄桜鬼漫画「牽制と均衡」 | ホーム | 公募は続くよ、どこまでも♪>>

コメント

花言葉(^^)

こんにちは、ちょこ様。香住様。ロカです。

とっても素敵なお話で新八さん、幸せそう(*^_^*)

花言葉ッて云うのがとっても素敵ですね。

千鶴ちゃんは何を教えてるのか、気になるところです(永倉さんと同じ数学かな?)
SSLでは攻略キャラになった晴れて永倉さんですけど、私個人は薫ちゃんが攻略できちゃうのがびっくりなんですが、だって双子なのに、どんなENDになるんだろうか?

あー、でも皆さんのお話、読めるっていいですねぇ。
では、では(^^)/~~~
  1. 2013/11/13(水) 13:41:18 |
  2. URL |
  3. ロカ #-
  4. [ 編集 ]

香住→ロカ様

コメントありがとうございますo(^-^)o花言葉は面白いですよ。「悲しんでる時の貴方が好き」とかもあるし。どんだけSなんですか、って話ですね。薫も!?えっ…と、……禁断の恋?兄妹仲良く暮らす感じですかね?千鶴ちゃんは現代文、とかじゃないでしょうか?どちらかというと新八さんより土方さんと分野が同じかと
  1. 2013/11/13(水) 14:35:48 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

公式にも、ついに新千登場でしたね!

やっぱり香住さんの描く新千いいっすねーヽ( ´¬`)ノ
千鶴ちゃん・・・6年間も新八さん一筋で、彼と同じ土俵に乗るために努力してって・・・彼女がそこまでしたくなるような、千鶴ちゃんをそこまで夢中にさせるような何をしたんでしょう!?気になります~、ムフ。
まあ、千鶴ちゃんにここまでされちゃったら新八さんも覚悟を決めるしかないですよねw
でも、結婚するまでキスしかしない、趣味の(?)賭け事やめる、借金は全部返す(いくらあるの!?)なんて、誠実でいいじゃあないですか~♪
新八さんはやっぱり良くも悪くも真っ直ぐな所が魅力ですからね。こちらが信じれば、それを裏切ることはしないと思います・・・思いたいですw
酔った勢いで一度くらいは許されるよな・・・なんて、信じきってる千鶴ちゃんを思えば、そんな事できっこないでしょう??ええ・・・もし信頼を裏切れば・・・新八さん土下座で一生千鶴ちゃんに頭が上がらない日々、ですねwww

千鶴ちゃんが先生だったら・・・私はなんとなーく、高校教師じゃなくて小学校の先生のイメージです♪あ、きっと薄桜学園は小学校から同じ敷地内にあるエスカレーター式の学園なんですよ・・・(T-T*)フフ。←捏造。
  1. 2013/11/16(土) 01:15:11 |
  2. URL |
  3. ゆゆき #EYMZMP9E
  4. [ 編集 ]

香住→ゆゆき様

コメントありがとうございます♪次回の土千+崎がちょっとダークティストなので、新千はほのぼのに仕上がって良かったなって思います。
新八さんの魅力…気になりますね。あれですよ、このちーちゃんは前世から新八さんが好きだったんですよ。それで、生まれ変わって15年。ようやく見つけた永倉さん!逃してたまるものですか!絶対に落とす!みたいな感じじゃないですか?あれ?ちーちゃんが一途過ぎて肉食系っぽく( ̄▽ ̄;)
借金の件はちょこ様にも言われましたが、増やさないで身内だけに借りていたのならその内に返せるかと。新八さんは耐えますよ。逆に、ちーちゃんが私の身体、魅力ないのかな?胸、小さいし…とかへこまなければ良いですが。ともかく急ぐべきだとは思いますね。私が新千書くと結構ちーちゃんが攻めるですよね( ̄▽ ̄;)新八さん、ヘタレ?
  1. 2013/11/16(土) 09:44:57 |
  2. URL |
  3. 香西香住 #PBl13R7o
  4. [ 編集 ]

ロカ様♪

久しぶりのロカさんのコメント、感慨ひとしおですw
そちらが大変だった間、いっぱいお話がたまってますよー^^
皆の作品を読んで、ロカさんもまたこちらの世界で創作に励んで下さいね!
またロカさんのお話が読める事、楽しみにしています♪
  1. 2013/11/16(土) 17:32:46 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/483-5823d9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)