皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「伝われ!」

テール×テール」のドラキョン様から
原千キス絵に寄せて下さったSSでーす♪
ありがとうございます!

無理矢理キスの雰囲気なのに、ちーちゃんが本気で嫌がっているようには見えない、という辺りから出来たお話のようですね。
うん、原田さんになら、無理矢理も何も、キスされたら即オチですよねw
ですが、そんな強引な原田さんの想いは、ちーちゃんに伝わるのでしょうか^^

というお話は、続きからどうぞ♪


お約束通り、挿絵2枚はドラキョン様に進呈します。
他の方はご遠慮下さいね。


伝われ!



いつもと変わらぬ昼下がりだったはずなのに。

「左之。仕事のためとはいえ、いつまでも騙し続けるっていうのは、
酷じゃねぇか。」
「・・・・・・。」
酒を運ぶ口元は、常と変わらず弧を描き続ける。
「そうだよ。千鶴、左之さんのことを信頼しきっているのに。
綱道さんからの連絡だってここまでなきゃ、もう来ねぇって。
いくら仕事って言っても、やりすぎじゃねぇの。」
「仕事ねぇ・・・。」
「もういいんじゃねぇか。
妓さんたちが、お前がご無沙汰だってつれなくっていけねぇや。
今夜こそ一緒に行ってもらうぜ。」
「んー、どうもなぁ・・・。」

何を言っているの。
騙すって・・・。
仕事って・・・。
どうして否定してくださらないのですか。

原田さんと過ごす時間は楽しくて、同じ時を過ごしていると思っていた。
寂しさと不安を抱えた私なんて、優しく声をかけるだけ。
手懐けるのなんて簡単でしたよね。
思い通りに懐いた私を見て、さぞ愉快だったでしょうね。
一人ではしゃいでいたなんて、私、馬鹿みたいだ。
崩れ落ちそうになる身体を、必死に支え、踵を返す。
こんな姿、だれにも見られたくない。


カット282伝われ!


酒の肴でも、そう思って立ち上がりかけた時、廊下の隅に控えめに置かれた盆が目に留まった。
なんでこんなところに都合よく、なんて考えるまでもねぇ。
こんなふうに気を利かせてくれる奴なんざ、千鶴しかいねぇだろう。
・・・・・・千鶴?
なんでこんなところに置いていく必要がある?

はじき出された答えに、酔いもすっかり冷めて、俺は千鶴を探し始める。
ようやく見つけた小さな背中は、いつもと同じように働いていた。
「・・・千鶴。」
名を呼ぶと身体を揺らしたが、こっちを向いてくれないところがいつもと違った。
俺が伸ばした手が千鶴の肩に届こうとした瞬間、千鶴が逃げ出した。
逃げる女を追いかける趣味はねぇんだが、お前だけは追いかけさせてもらうぜ。
仕事だと割り切っていたはずだったのに、いつのまにか俺はお前を・・・。

逃げて、捕まえて。
真意を語れば語るほど弁解じみていく。

「千鶴・・・。お前のことが好きだ。」
原田さんらしい真っ直ぐな言葉に身体が揺れた。
注がれる瞳の奥に、溢れだそうとする熱情を見つけて、心が震えた。

そんな姿を見せられたのに、心は冷えてゆく。
こんな見え透いた嘘で、私は繋ぎ止められると思われている。
原田さんにとって、私はそれだけの相手ということだ。
傷つけられた心の反撃は諸刃の剣となり、両者を傷つけていく。

「・・・・・・・・・・・ですか。」
困ったようにこちらを覗き込む瞳の優しさが、
以前と同じに見えてしまうのはどうしてだろう。
「幾人に同じことをおっしゃって来たのですか。」

私の言葉に原田さんが表情をこわばらせた。
「真剣になったのはお前が初めてだ。」
「子供をからかうのはやめてください。」
「子供にこんなことをいう訳がねぇだろう。」
「じゃあ、酔っていらっしゃるんですね。」
「酔ってなんかいねえって、お前も分かっているじゃねぇか。
千鶴、俺が信じられねぇってか。」
原田さんの両手が、肩を掴んだ。

「千鶴、俺の顔を見ろっ。」
怒ったような乱暴な物言いに、顔をあげられなくなる。
誰かが言っていた言葉が私を頑なにする。
私の心を縛り付けてゆく。
『左之さんは優しいから、一夜の相手にも愛を囁いてやるんだって。』
「嘘です。嘘、嘘、全部嘘。」
頑是ない子供の様に首を振ることしかできない。

「嘘じゃねぇ。俺を信じてくれ、千鶴。」
耳にかかる吐息の熱さが、原田さんの心を伝えてくるようで・・・。
私の知らない感情が引きずり出されそうで怖くなって、耳を塞ごうとした。

「千鶴・・・。」
逃さないとばかりに腕を取られ、大きな体と壁を使って囲われたと思ったら、
訳も分からぬ間に口を塞がれていた。
逃げられない・・・。
唇から全てを伝えようとするかのような、強引な口づけだった。
血を流し続ける心に、『お前は俺の物だ』と
焼き印を押されたような錯覚に陥る。
痛くて、熱くて・・・
残酷な仕打ちだ。
それなのに・・・・・・
息も心もすべて奪うような荒々しい口づけに、
頑なな心がとろけてゆく心地がした。


カット269


どうしたらあなたを信じられますか。
どうしたら・・・・・・・・・・・・・
信じたい・・・・・・・・・
そうしたら楽になれますか





  1. 2013/06/21(金) 19:02:05|
  2. Kissシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<副長、リベンジw | ホーム | まさかの・・・www>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/390-c16482a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)