皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「雪白」

キスシリーズはちょっと横に―――


仲良くしてもらっている「桜夢記」様の7万アクセス感謝SSの配布で、斎千を頂いてきました♪
とーっても素敵な甘々夫婦w
他キャラのver.もあったんですが、ここはやっぱり…ね^^

今現在キスシーンで悩んでる斎千を、楽しく描かせてもらいましたー

いつものごとく、こちらの挿絵はロカさんへ差し上げます。



ではでは、続きから幸せ夫婦の一日をどうぞ♪




雪白
斎藤Ver

お前はいつもそのように楽しげなのだな。

 確かにこのような日にじっとしているのは、とても惜しいのかもしれぬ。

 だが、そのように考え込むようなことでもあるまいに……。

 ……洗濯?

 ……掃除?

 あゝ、確かに布団干しには良い一日かもしれぬが。

 けれど、それではいつもと変わらぬのではないか?

 まるで童のようなことを……。

 …………。

 いや、笑うつもりなどなかったのだが――――。

 千鶴、いや、それは……。

 あ、それは誤解で……。

 嫌いな、もの?

 うむ、俺にそのようなものがあったであろうか。

 それにお前が作るものはどんなものでも俺にはどんな贅をこらしたら馳走よりも美味なのだが……。

 い、や。俺は誤魔化してなどはおらぬが……。

 では、今宵の夕餉を楽しみにしなくてはならぬな。

 いかがした、先程の勢いは……。

 私もたまには……どのようにするというのだ、千鶴。続きは……?

 そのように無謀な言葉を紡ぎ出す唇は、このように……。

 …………。

 これで誤魔化したつもりなどはないのだが、うむ、難しいものだな。

 ずるく立ち回ったつもりは、俺にはないのだが……。

 だが、千鶴。それは間違っておるのではないか?

 俺の瞳などよりも、あれほどの戦場をかけ巡り、共に惨状を見てきたのに変わらぬお前の瞳の方がずっと美しいと、俺は思う、のだが。

 え、あ、そのように俺の腕を掴まなくとも。

 耳元でそのように、こ、こら……。

 え。

 …………。

 あゝ、そうだな。いつかは聞きたいと思っていた。

 大事な二人だけの秘密だな。

 だが、千鶴。

 お前の方こそ知らぬだろう?

 俺がいつから、お前のその無垢で真白き雪のような心に魅かれていたか……。

 そうだな……。

 今日は綺麗な空の元で、互いに、知らなかったことを語ろう。

 そんな一日があっても良いだろう。

 天に広がる空の蒼にふさわしい、そんなお前と俺の想いの物語をさぁ語り始めよう。



カット278雪白



勿忘草色
千鶴Ver

 空が青い!

 天が高い!

 こんな日は何だかじっとしているのがとってももったいない。

 さぁ、なにをしよう?

 一つ、考えてみるの。

 お洗濯?

 お掃除?

 お布団を干す?

 でも、みんないつもと同じこと……ね。

 それはなんだかとってももったいない気がするの。

 だって、こんなにお天気がいいんだもの。

 背伸びをしてみようかな?

 思いきり手を伸ばしたら、ほら天に届くんじゃないかしら。

 もう、なんで笑うの!?

 え、子供っぽいって?

 うー!!

 私はもうあなたの奥さんなのに、そんないじわるなこと言うなんて、今夜のお夕飯で何を出されても我慢して全部食べてね。

 そう、あなたが大嫌いなものが出てきても、残さず全部よ。

 あ! もう、そうやっていっつも誤魔化すんだから!

 私が大好きなあなたにそんなことしないって、決めつけているでしょう?

 いーだッ!

 私だってたまには……。

 …………。

 ご、誤魔化されません!

 本当にずるいんだから!

 あなたにそんな綺麗な勿忘草色の瞳で見つめられたら、いじわるなんてできないもの。

 だから……。

 ねぇ、耳を貸して……。

 ほら、くすぐったがらないで!

 ねぇ、あなたは知らないでしょう?

 私がいつからあなたに恋していたのか。

 二人だけの秘密よ。

それをあなたに教えてあげる……。




おしまい
  1. 2013/06/13(木) 21:22:33|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ちーちゃんからの~(ノ▽〃) | ホーム | 初めての新千>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/06/14(金) 05:35:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ロカ様♪

おはようーございます!

昨日は「本日中に」とか言っておいて、間に合わないかも…とか途中で思ってしまいましたw
何かって、それはこの熱帯低気圧のせい―――多分;
早くどっかに行ってもらわないと、16日も非常に不安。
ホントに歳くってから、こんなに天候に体調が左右されるようになるとは思いませんでした。

まあ、何とかUPできましたから良かったですが^^;
らぶらぶ斎千描けて、嬉しかったです♪
差し上げたものは、どうぞご自由にお使い下さい。
と言うか、これからは進呈したものはこちらにわざわざ断りを入れなくても、お好きにして下さって構いませんよ^^
こちらこそいつもいつも素敵なお話頂いてしまって、本当にありがとうございます。

ではでは
そちらもこの蒸し暑さに負けないで、頑張って勉学に励みに行って下さいね!
  1. 2013/06/14(金) 09:24:54 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/06/15(土) 04:24:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ロカ様♪

UPありがとうございました。
今回はキスのシーンより、二人が幸せそうに微笑んでいる方が頭に浮かんでしまいまして、こんな構図になりました。それを喜んで頂けて嬉しいです!
全カップルの中で、この二人は特にEND後はほのぼのが一番似合う気がするんですよね^^

予告SS読みましたよ~♪
いずれ必ず読めると期待してますので(^-^ゞ
今は試験勉強頑張って下さいねー

では私も行ってきま~す!
  1. 2013/06/15(土) 11:50:18 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/386-83388b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)