皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

皆様ありがとうございます(^o^)

昨日UPしてから、リアルで気忙しかったのでちょっと置いてたら、沢山の拍手とコメント――――ありがとうございます!
少々自信なかったので、嬉しかったよーーーーーヽ(≧▽≦)ノ
続きがんばりまーす!


で、その中の一つのコメントに「原田さん、どんな格好で寝ているのでしょうか? 褌一丁?」とあって
描いててそこまで考えてなかったなーとw
しかしそう言われると、他にもいろいろ想像してしまう私の悪い癖がwww

カット166

あの下は各自妄想するようにw


さて、明日は炎天下の運動会;
早朝から出なくてはならないので、本日はもう寝ます~


◆おまけ漫画「後の朝」送付しました。堀川様、未着でしたらご連絡を

◆ありがたい拍手コメントへのお返事は続きからどうぞ♪ メールにはメールでお返事します。
   【雨夜様・MURA様・美伽様・ロカ様・紙コップ様・noritsuma様・ドラキョン様】




雨夜様


勝手にUPした風間さんお熱のイラスト、お受け取り&そちらでのUPありがとうございます!
これからも突然こんなことするかもですので、どうぞよろしく(^-^ゞ
リクの件はお気になさらずに。多分雨夜さんは風千以外は駄目じゃないかな~と思っての風姫でしたので;
も一つの方は何か思いついた時にでも^^

私の絵は全て手作業、アナログ作業ですよー^^;
まあ、お手伝いにいってた先生全員、紙にペンの仕事場なので、必然私もそっちに慣れていまして。
デジタルお絵描き、ちょっとかじったんですがね、慣れるまで時間かかりそうで…なら、手で描いてスキャンした方が早いと思った次第。萌えを吐き出す方が先決でしたのでw 
以来ずっとそのままです。
早さはどうなんでしょうね。プロの仕事見てきたんで(一週間で50ページとかね;)私が早いとは思えないんですけど…でもまあこの先もできるだけ頑張りますので、お付き合いよろしくお願いします!



MURA様


やっと描けた黒原田さん話w
いや、まだ黒くありませんね。これからです^^;
その原田さんと対比させる為、そして一番横取り可能そうな平千(←平ちゃんゴメン;)CPにしたんですけど、この千鶴だと子供過ぎる気がしてきました。
原田さんが惚れるには子供過ぎないかしら…
平ちゃんの髪はもう諦めて下さいww 当初は考えたんですけど、これ貼ってたら死ぬ…^^;
最初の頃描いた「その瞳に映るもの」の時に、平ちゃんはこのままでいくしかない、と決めましたw
そして、原田さんの就寝時褌一丁疑惑ww
言われて気がつきました。でもその姿想像すると、ちょっと間が抜けてる気も…
こちらが気が付かなかった色々な点への指摘、ありがとうございましたー♪
どうぞ後編もよろしく!



美伽様


「炎天花」お読み頂きまして、ありがとうございます。
今回今までにない悶々原田さんを描いてしまったので、読んでくれた皆さんになんて思われるか心配だったのですが、優しい言葉をかけて下さる方ばかりでほっとしております^^
平千CPというのも意外かもですが、狡い大人と純粋な子供の対比には丁度よかろうと思いまして。
それに平ちゃんは結構つけいる隙がありそうですしねw
後編、ますます原田さんがヤバくなりますが、どうぞできれば読んでやって下さいね^^



ロカ様


拍手コメントありがとうございました!
今回、いつもの男前な原田さんじゃない彼を描いてしまい、読んでくれた方たちにどう思われるか心配だったのですが、受け入れてもらったようでほっとしております^^
しかしこの後、もっとひどくなるんですが―――どうぞ後半もよろしく。

お返事のメールわざわざすみません;
お言葉に甘えて、二編とも戴いていきますねー
おうちの事や進路の事、色々大変そうですが、ゆっくりでいいですから、ロカさんもご自分のペースで創作を続けていって下さいね。
看病シリーズも他のシリーズも続き待ってます^^



紙コップ様


拍手コメントありがとうございますー♪
いつも余裕の人を追い詰める展開って、大好きなんですよね^^
そちらの原田さんのように、素直に押し倒しっ!とはいきませんがwこの後、大人のズルさを前面に××な展開に…いくのかな? ww
後半、紙コップさんを見習って、もう少し色気増量していけるよう頑張ります(^-^ゞ
そちらはオフ活動が大変そうですが、最近即売会へ行けない私のようなものの為にも、サイトでの新作UPも是非お願いしますね!
勿論、新刊発行も頑張って下さい♪



noritsuma様


「炎天花」気に入って頂けたようで、ほっとしましたー
いつもとは違う、余裕のない悶々原田さんで、こんなの違う!と言われたら…と結構ドキドキしながらUPしたもので^^;
千鶴の言動もどうか、とは思ったんですが、たとえ誰かと恋仲になっても今まで通りに皆さんの世話を甲斐甲斐しくするだろーなーと思ったら、あんな天然にw
でもそんな千鶴を前に、追い詰められていく原田さんは、妄想していて楽しくて楽しくてww
後半、もっと追い詰めていくつもりなので、こんな原田さんでも受け入れて下さるなら、どうぞ読んでやって下さいね。
―――引率の心配ありがとうございます^^ しかしその前に明日は運動会; 一日それこそ炎天下にいる事になりそうで。私のなけなしの体力、もつのか…



ドラキョン様


イラストの案のご提供、ありがとうございました!
そう、膝をすりむくなんて、平ちゃんしかできませんよね^^
そして、横取りされそうなキャラも平ちゃんしかいない(←ヒドイ…v)。
というわけで、今回こんな設定になったわけですが―――平ちゃんの心配をされたのは、ドラキョンさんぐらいしかいませんw 不憫
今後もっと不憫になる平ちゃん、ダークになっていく原田さん―――はたして、読んでくださる方がいるのだろうか、とますます心配になりますが、できれば最後まで読んでやって下さいねー
そちらの連載も次は誰かな、と楽しみにしていますので、頑張って下さい♪


  1. 2012/09/08(土) 23:53:28|
  2. 「薄桜鬼」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「鞘」 | ホーム | 薄桜鬼漫画「炎天花」前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/255-a9202f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)