皓月庵

乙女ゲーム中心の趣味に走ったアナログ二次創作ブログ。マンガと小説のごちゃまぜ^^;

「彼女の視線を奪うのは」

桜護雪」の香西香住さんから、ちょっと早目の誕生日プレゼントを頂きましたー(* ̄∇ ̄*)

この所、創作もままならぬ程の多忙中と伺ってましたが、
そんな時にわざわざ斎藤さん視点でのお話を作って下さって感謝感激です!
ありがとうございます♪


ではではどうぞ続きから
皆さんも久しぶりの香住さんワールドのSSを楽しんで下さい^^


挿絵は感謝を込めて香住さんへ進呈します。
他の方はご遠慮下さいね。




彼女の視線を奪うのは



雪村千鶴。
彼女が屯所に来てから、雪が溶け、春になり、夏が来て、秋になり、そろそろ落ち葉が舞い散ろうとしている。
俺は、副長の命にて、彼女を監視、及び警護をして来た。
だからこそ気が付いた。
ただ、彼女の前を通り過ぎるだけで、彼女の視線を独り占めする存在に。
しかし、この事に関しては副長に報告する気はない。
彼女も年頃の娘だ。
色恋の一つや二つ、して当然なのだ。
そんな年頃の娘をこんな場所に閉じ込めている、せめてもの償いだ。
まあ、副長に告げたところで、結果は同じだろう。
あの人の本質はとても情に厚い、優しい人だ。本当は彼女を閉じ込めなければならないことを苦にしているに違いない。
隊士を誑かすというのであれば、話は別だが、彼女はそんなことはしない。ただ、見つめているだけだ。

カット980

「山崎君を見詰める千鶴ちゃん、そんな千鶴君を見詰める一君。堅物の君が色恋?」
「総司」

楽しそうな声に視線を向けると声と同じく、楽しそうに笑う総司がいた。

「山崎君みたいな堅物の何処に惹かれたんだろうね」
「彼は真面目で勉強家で仕事も出来る立派な男だ。彼女の想い人があんたであるより、余程理解出来る」
「ひどいな。どういう意味さ」
「彼女に苛められて悦ぶ趣向があるとは思えん」

さらに、彼女が、総司が気に入った人間程、構いたがる趣向があると気が付く程鋭いとも思えない。

「まあ、それはともかく、何処が良いのか気になるよね、聞いてみよう!」

総司も自覚があるのか、話を戻した。

「総司、それは」
「千鶴ちゃーん!」

年頃の娘に聞くのは……と告げるより、総司が彼女を呼び止める方が早かった。

「沖田さん、斎藤さん」
「ねぇ、ねぇ、千鶴ちゃん」
「総司!」
「はい、何ですか?」
「山崎君の何処に惹かれたの?」
「ええ!?」

総司の歯に衣着せぬ質問に、彼女の色白な頬が桃色に染まる。
せめて、もっと聞き様がなかったのだろうか。

「ねぇ、どうなの?」
「あ、あ、あの……」
「隠さなくて良いよ。少し注意して、君を観察していれば、君の目線の先に誰がいるかなんて、すぐにわかるから」
「や、やっぱり、不躾でしょうか!?」
「本人が気にしてないなら良いんじゃない?君のあからさまな視線に、あの山崎君が気が付かないなんてことないと思うけど、不愉快に思っていたら、はっきり言う人だから」
「そ、そうですか……」
「ただ、気になるんだよね。山崎君の何処が良いの?頑固で真面目な男が好きなら、この人でも良いよね、山崎君より若いしさ」

親指で示された。

「あ、あの……」
「ん?」
「その……」
「うん」

耳まで赤くなり、箒を抱き締めてうつむく彼女に総司は楽しげに迫る。

「総司、いい加減に……」
「……尻尾」
「へ?」
「……」

いい加減に総司を止めようとした瞬間、彼女が小さく呟き、思わず黙る。

「尻尾?」
「……今では、優しい笑顔や大人っぽさに惹かれてますが、初めて惹かれたのはあの見事な尻尾です。あんなに綺麗に流れる尻尾は初めて見ました!あの尻尾が見えなくなるまで、目が離せなくって!」
「……一君」
「何だ?」
「山崎君に尻尾なんてあったっけ?僕、山崎君の後ろ姿、まじまじ見たことないんだよね。言われてみれば、狐に似てるし、七変化するし、尻尾があっても不思議じゃないよね」

カット992彼女の視線を奪うのは

真顔で何を言う。

「例えだろ?尻尾……山崎君の尻尾……後ろ髪か?」

あの細く長い後ろ髪は尻尾と例えられても頷ける。

「はい!素晴らしいですよね!」

きらきらと輝く目で同意を求められても困る。

「……ということは、何?君が熱心に見詰めてたのって、山崎君の後ろ髪なの?」
「はい!どうしても目で追ってしまって……!」
「……そう……」

総司の肩がぷるぷると震えている。……笑いたいのだな。
どうやら、色恋と言うには彼女の想いはまだ幼い様だ。
その幼い恋心は色を持つのだろうか。
そして、彼女の恋心が実る日が来たならば、彼女が恋する尻尾の持ち主は、新選組よりも彼女を選べるだろうか。
どちらにしろ、俺は出来ることならば、彼女の幸を祈りたい。



  1. 2017/08/11(金) 22:38:28|
  2. 頂きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<でっかい蚊が… | ホーム | ひと段落>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/08/11(金) 22:59:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

香西香住様♪

こちらこそ、お受け取りありがとうございます^^ 相変わらず、お忙しいようですね。
次回作はのんびり待ってますので、どうぞ無理しないで下さいね。
  1. 2017/08/12(土) 21:58:52 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kougethuan.blog.fc2.com/tb.php/1072-32b84031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)